ニュース

小林聡美が猫と暮らす、群ようこ脚本ドラマ『山のトムさん』

ドラマ『山のトムさん』が、12月26日にWOWOWプライムで放送される。

石井桃子の同名絵本を原作にした同作。東京から田舎に移り、友人のトキ、トキの子ども・トシ、自身の甥のアキラと共に暮らし始めた主人公のハナが、ネズミ退治の目的で飼うことになった猫のトムに振り回されながら前向きに暮らしていく様子を描く。

慣れない田舎暮らしを送るハナを演じるのは小林聡美。トキ役を市川実日子、ハナの相談に乗る近所のゲン役を光石研、ゲンの妻・シオリ役を高橋ひとみが演じるほか、木南晴夏、ベンガル、もたいまさこらがキャストに名を連ねている。メガホンを取るのは上田音。脚本を小林聡美主演で映像化された『パンとスープとネコ日和』『かもめ食堂』の著者としても知られる群ようこ、音楽を大貫妙子が担当する。

小林聡美のコメント

ひとが幸せに暮らすってこういうことなのかもしれません。
一緒に暮らす仲間と、山と花と風と鳥と太陽と月。
働いて、おいしいごはんを食べて、夜は星空を眺める。
原作の石井桃子さんが終戦直後に実践したそんな暮らしは、生きるための必死の手段だったかもしれませんが、今を生きる私たちに、なんでもない暮らしの豊かさを伝えてくれるような気がします。

市川実日子のコメント

新緑の季節の山で、ネコとヤギと子どもと大人たち、みんなで撮影をしました。
家の軒下に、ツバメが巣を作り始める。
なんにもなかった庭の池に、突然菖蒲の花が顔を出す。
スズメバチがブーーーっと飛んでくる。青空に丸い虹。
そういった大きな小さな変化を、みんなが感じながら現場に立っていたように思います。
静かな中、どんな音がして、何が起こっているのか。
そんなことをこの作品で楽しんでいただけたら嬉しいです。

番組情報

ドラマW
『山のトムさん』

2015年12月26日(土)21:00からWOWOWプライムで放送
監督:上田音
脚本:群ようこ
原作:石井桃子『山のトムさん』(福音館文庫)
音楽:大貫妙子
出演:
小林聡美
市川実日子
光石研
高橋ひとみ
伊東清矢
佐々木春樺
木南晴夏
ベンガル
もたいまさこ

『山のトムさん』より
『山のトムさん』より
『山のトムさん』ポスタービジュアル
『山のトムさん』ポスタービジュアル
『山のトムさん ほか一篇』表紙 石井桃子作 深沢紅子ほか画 福音館文庫
『山のトムさん ほか一篇』表紙 石井桃子作 深沢紅子ほか画 福音館文庫
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年