鈴木亮平が三島戯曲で病に蝕まれた王に、王妃は倉科カナ&中村中

舞台『ライ王のテラス』が、2016年3月4日から東京・赤坂ACTシアターで上演される。

同作は、カンボジアの王ジャヤ・ヴァルマン7世がバイヨン寺院を建設する様を描いた三島由紀夫の戯曲『癩王のテラス』をもとにした作品。アンコール王朝の衰亡を背景に、王の肉体が病魔に侵されるにつれて観世音菩薩が完成していく様子が描かれる。

原作は、1965年にカンボジアでアンコール・トムを訪れ、「熱帯の日の下に黙然と坐してゐる若き癩王の美しい彫像を見たときから、私の心の中で、この戯曲の構想はたちまち成つた」と語った三島が4年を費やして完成させた作品だという。

カンボジアで栄華を極めたジャヤ・ヴァルマン7世を演じるのは鈴木亮平。第二王妃を倉科カナ、第一王妃を中村中が演じるほか、後に若棟梁となる石工の青年役に吉沢亮、村娘役に大野いと、宰相役に神保悟志、王太后役に鳳蘭がキャスティングされている。演出を手掛けるのは宮本亜門。なお同作は、カンボジアの伝統舞踊や伝統音楽を継承する人々と共に共同制作する国際プロジェクトとなる。チケットの一般発売は11月21日からスタート。

イベント情報

『ライ王のテラス』

2016年3月4日(金)~3月17日(木)全16公演
会場:東京都 赤坂ACTシアター
作:三島由紀夫
演出:宮本亜門
出演:
鈴木亮平
倉科カナ
中村中
吉沢亮
大野いと
芋洗坂係長
澤田育子
市川勇
市川しんぺー
神保悟志
鳳蘭
ほか
料金:S席9,800円 A席7,800円 U-25席5,500円

  • HOME
  • Stage
  • 鈴木亮平が三島戯曲で病に蝕まれた王に、王妃は倉科カナ&中村中

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて