建築家とアーティストが「棲まい」を考察、『ここに棲む』展に藤本壮介ら

『ここに棲む ― 地域社会へのまなざし』展が、2016年1月12日まで群馬・アーツ前橋で開催されている。

建築とアートの各領域から「地域に棲まう」というテーマを掘り下げる同展。高齢化や価値観の多様化、自然との共生といった現代社会における問題を背景に、人々の生活と地域の結びつきや「これからの棲まい」について考察する。

参加作家は、アトリエ・ワン+福祉楽団、乾久美子+東京藝術大学乾久美子研究室、Eureka、木暮伸也、木村崇人、小林エリカ、ツバメアーキテクツ、照屋勇賢、藤野高志/生物建築舎、藤本壮介、水谷俊博建築設計事務所、三田村光土里、山極満博、ライゾマティクス リサーチの14組となる。会期中は参加作家によるトークセッションやワークショップも開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『ここに棲む ― 地域社会へのまなざし』

2015年10月9日(金)~2016年1月12日(火)
会場:群馬県 アーツ前橋
時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
参加作家:
アトリエ・ワン+福祉楽団
乾久美子+東京藝術大学乾久美子研究室
Eureka
木暮伸也
木村崇人
小林エリカ
ツバメアーキテクツ
照屋勇賢
藤野高志/生物建築舎
藤本壮介
水谷俊博建築設計事務所
三田村光土里
山極満博
ライゾマティクス リサーチ
休館日:水曜(10月28日、12月23日は開館)、12月24日、12月28日~1月4日
料金:大人600円 学生・65歳以上400円
※高校生以下、障害者手帳などをお持ちの方と介護者1名は無料
※10月28日は群馬県民の日のため無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 建築家とアーティストが「棲まい」を考察、『ここに棲む』展に藤本壮介ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて