ニュース

『ニッポン・マイノリティ映画祭』に橋口亮輔監督作など16作品

『ニッポン・マイノリティ映画祭』が、12月19日から東京・渋谷のユーロスペースで開催される。

日本大学藝術学部映画学科の学生が主催する同イベント。「日本のマイノリティー」をテーマに据え、日本におけるマイノリティーと日本映画の歴史を照らし合わせながら、現在や未来の日本を考察することを目指すという。

上映作品は、リュミエール兄弟によって派遣されたカメラマンが約120年前のアイヌ民族を捉えた『リュミエール映画 日本篇』、被差別部落やハンセン病患者への迫害の歴史を描いた今井正監督の『橋のない川 第一部』、野村芳太郎監督の『砂の器』、セクシャルマイノリティーの人々を題材にした橋口亮輔監督の『二十才の微熱』、松永大司監督の『ピュ~ぴる』、オウム真理教を捉えた森達也監督のドキュメンタリー『A』など全16作品。

なお同イベントに寄せて鳥越俊太郎は、「差別と偏見。これはいつの時代にも、どこの國でも存在するものです」「日本ではどうでしょうか?単一民族を装い、差別と偏見は見えません。でもあるのです!そこを考える映画祭にしてほしい!」、松江哲明監督は「声の大きな人をわざわざ映画で描く必要はない。そんなのはほっておいても十分に届く。それよりも耳を傾けなければ聞こえないような声、または声さえも出せない人を描くのが映画だと思う。マイノリティを直視しなければこの国は映せない」とコメントしている。

イベント情報

『ニッポン・マイノリティ映画祭』

2015年12月19日(土)~12月25日(金)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース
上映作品:
『リュミエール映画 日本篇』(監督:リュミエール兄弟)
『蜂の巣の子供たち』(監督:清水宏)
『コタンの口笛』(監督:成瀬巳喜男)
『神々の深き欲望』(監督:今村昌平)
『地の群れ』(監督:熊井啓)
『橋のない川 第一部』(監督:今井正)
『苦海浄土』(監督:木村栄文)
『あいラブ優ちゃん』(監督:木村栄文)
『砂の器』(監督:野村芳太郎)
『チセ・ア・カラ われら家をつくる』(監督:姫田忠義)
『異邦人の河』(監督:李学仁)
『泥の河』(監督:小栗康平)
『二十才の微熱』(監督:橋口亮輔)
『A』(監督:森達也)
『ピュ~ぴる』(監督:松永大司)
『戦場ぬ止み』(監督:三上智恵)

『ニッポン・マイノリティ映画祭』チラシビジュアル
『ニッポン・マイノリティ映画祭』チラシビジュアル
『泥の河』(監督:小栗康平)
『泥の河』(監督:小栗康平)
『砂の器』(監督:野村芳太郎)
『砂の器』(監督:野村芳太郎)
『ピュ~ぴる』(監督:松永大司)
『ピュ~ぴる』(監督:松永大司)
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開