ニュース

青山真治演出の古典悲劇『フェードル』、主演はとよた真帆

舞台『フェードル』が、12月4日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで上演される。

『フェードル』は、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌが手掛けた悲劇。ギリシャ・ペロポネソス半島の都市トロイゼーンにあるアテナイ王・テゼーの宮廷を舞台に、テゼーの妻・フェードルの禁断の恋を描いた作品だ。

主演を務めるのはとよた真帆。共演者には、テレビドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』や映画『ライチ☆光クラブ』などに出演している松田凌をはじめ、高橋洋、馬渕英俚可、中島歩、堀部圭亮が名を連ねている。

演出を手掛けるのは、映画『Helpless』『EUREKA』『サッド ヴァケイション』『共喰い』などの監督作で知られる青山真治。青山は同作のプロデューサー笹部博司と共に翻案も担当している。チケットは現在販売中だ。

青山真治のコメント

『フェードル』と出会ってどれくらいになるか。
わがプロデューサー笹部博司に教えられ、欲望の塊となって舞台を暴れまわるこの怪物のような女について何度も語らい、可能性を探り続け、いつしかある結論に辿り着いた。
これを現代の日本語で上演したらどうなるか。
もちろんフランス語で書かれた最も美しい古典戯曲であることは知っている。そしてこれまたこの上ない詩的な翻訳によって大家・渡辺守章氏の演出が大成功を収めたことも知っている。そして何より、これが悲劇であることも。
だが、私もまたこの怪物に魅せられたのだろう、二十一世紀の劇場を血に染める女をどうしても見たくなった。
数年前、ストリンドベリの『私の中の悪魔』を共に上演した女優・とよた真帆となら可能なのではないか。悪魔の次は怪物か、と半ば冗談のように我ながら呆れ、イポリット同様怪物に虐殺されるならされたときのことと覚悟を固めたものの、いまだ確たる根拠も方策も見つかっていない。
ただひとつだけ、もしも客席から笑いが起きるとしたら、そのときフェードルも私もこの時代において「浄化」されるだろう、という予感めいたものがある。悲劇の神聖さをかなぐり捨てて現代とともに古典を上演することの新たな可能性として。

イベント情報

『フェードル』

2015年12月4日(金)~12月13日(日)全14公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターウエスト
作:ジャン・ラシーヌ
演出:青山真治
翻案:笹部博司、青山真治
出演:
とよた真帆
松田凌
高橋洋
馬渕英俚可
中島歩
堀部圭亮
料金:5,500円

『フェードル』チラシビジュアル
『フェードル』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される