ニュース

「泊まれる本屋」が11月に開店、本棚に埋め込まれたベッドを提供

ホステル「BOOK AND BED TOKYO」が、11月5日にオープンする。

東京・池袋の駅前に立地する同施設。「泊まれる本屋」をコンセプトに据えており、宿泊者は本棚に埋め込まれたベッドで寝ながら読書を楽しむことができる。

選書はSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSが担当。内装デザインは、建築家の谷尻誠と吉田愛が率いるSUPPOSE DESIGN OFFICEが手掛けている。宿泊料金は平日が3,500円、金、土曜、祝前日が4,500円からで、シャワールームやWi-Fiも完備されている。また宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間や本を楽しむことができる「デイユースプラン」も11月9日からスタートする。なお同施設では本の販売は行われない。

BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
BOOK AND BED TOKYO内観 Photo by Kastuhiro AOKI ©R-STORE 2015
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)