松武秀樹が冨田勲や砂原良徳らと語るシンセ本、特典は絶版本

松武秀樹の著書『松武秀樹とシンセサイザー MOOG III-Cとともに歩んだ音楽人生』が11月20日に刊行される。

1951年生まれの松武は20歳から冨田勲のアシスタントを務め、その後はモーグシンセサイザーのプログラマーとして数々の音源に参加。1978年から1982年までYMO作品に携わり、「YMO第4のメンバー」と称された。1981年からは自身のユニット・LOGIC SYSTEMで活動している。

松武が書き下ろした『松武秀樹とシンセサイザー』には、冨田勲、砂原良徳らとの対談をはじめ、ヤマハやROLAND、KORGのシンセサイザー設計者に松武が会いに行く記事、松武のディスコグラフィーから足跡を振り返る記事、さらに松武が愛飲する日本酒「菊姫」を製造する菊姫合資会社代表・柳達司と共に酒作りと音作りについて語る対談などが掲載。YMOや大滝詠一、テクノブーム、PSE問題などについても触れられている。

なお今回発売されるのは3千部限定の愛蔵版となり、現在は絶版となっている1981年の松武の著書『たった1人のフルバンド』の復刻版が特典として付属する。

書籍情報

『松武秀樹とシンセサイザー MOOG III-Cとともに歩んだ音楽人生』限定愛蔵版

2015年11月20日(金)発売予定
著者:松武秀樹
価格:4,104円(税込)
発行:DU BOOKS
※松武秀樹『たった1人のフルバンド』復刻版付属

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 松武秀樹が冨田勲や砂原良徳らと語るシンセ本、特典は絶版本

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて