ニュース

薬師丸ひろ子&小泉今日子が正反対の姉妹役、木皿泉脚本NHKドラマ

ドラマ『富士ファミリー』が、2016年1月2日にNHK総合で放送される。

同作は、富士山の麓にあるコンビニエンスストアとは名ばかりの時代遅れの店・富士ファミリーを営む美人3姉妹と、彼女たちを取り巻く大家族を描いた作品。年の瀬が迫ったある日、一家離散による閉店の危機に見舞われた富士ファミリーに、戻ってくるはずがない次女・ナスミが帰ってくる、というあらすじだ。

しっかり者の長女・鷹子を演じるのは薬師丸ひろ子。鷹子とは正反対で、自由奔放に生きる次女・ナスミ役を小泉今日子が演じる。さらに要領の良い三女・月美役にミムラ、ナスミの元夫・日出男役に吉岡秀隆、鷹子の恋人・雅男役に高橋克実、笑子バアサン役に片桐はいりがキャスティングされているほか、中村ゆりか、小倉一郎、マキタスポーツ、仲里依紗もキャストに名を連ねている。

脚本を手掛けるのは、『向田邦子賞』を受賞した『すいか』をはじめ、『野ブタ。をプロデュース』『Q10』などの作品で知られる木皿泉。演出は『あまちゃん』『洞窟おじさん』などの吉田照幸が担当する。

木皿泉のコメント

薬師丸さんも、小泉さんも、時代を背負った人です。そういう人たちは、過去の人になる運命にあるのですが、彼女たちは、古びることなく、今を表現できる稀有な女優さんです。それは、もちろん単なる偶然ではなく、変わることのない努力と信念の賜物だと思います。
正月ドラマと聞いた時、過去のものとなったホームドラマを、今一度やってみたいと思いました。たとえば、向田邦子さんの「寺内貫太郎一家」のような。それには、彼女たちの何ものにも媚びてこなかった、水晶のような力を借りるしかありません。
1月2日、みなさんに、いい初夢を見てもらえるようなドラマであれば嬉しいです。

番組情報

『富士ファミリー』

2016年1月2日(土)21:00~NHK総合で放送
作:木皿泉
演出:吉田照幸
音楽:阿南亮子
出演:
薬師丸ひろ子
小泉今日子
ミムラ
中村ゆりか
小倉一郎
マキタスポーツ
仲里依紗
片桐はいり
高橋克実
吉岡秀隆
ほか

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー