ファストファッションが払う「真の代償」とは、業界の闇映す記録映画

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』が、11月14日から東京・渋谷のアップリンクほかで公開される。

同作は、2013年4月に1100人を超える死者を出したバングラデシュ・ダッカの縫製工場倒壊事故をきっかけに制作されたドキュメンタリー。服の価格が低下する一方で人や環境が支払う代償が大きくなっている現状を背景に、ファッション産業の闇にフォーカスし、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する内容になっている。

撮影はファッションショーのランウェイからスラム街まで世界各地で敢行。ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファース、パタゴニアの副社長リック・リッジウェイ、インドの環境活動家ヴァンダナ・シヴァへのインタビューも盛り込まれているほか、フェアトレードブランド「ピープル・ツリー」の代表を務めるサフィア・ミニーの活動にも光を当てる。なおアップリンクでは、ファストファッション業界に勤める人に限りチケット料金が半額となる。

※記事掲載時、一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』

2015年11月14日(土)からアップリンクほかで公開
監督:アンドリュー・モーガン
出演:
サフィア・ミニー
ヴァンダナ・シヴァ
ステラ・マッカートニー
ティム・キャッサー
リック・リッジウェイ
ほか
配給:ユナイテッドピープル

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ファストファッションが払う「真の代償」とは、業界の闇映す記録映画

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて