ニュース

高野文子の原画展に『黄色い本』『るきさん』など、絵本のラフも紹介

『高野文子 作品原画展』が、11月13日から東京・目白のブックギャラリーポポタムで開催される。

1979年に『絶対安全剃刀』で商業誌デビューし、2003年に作品集『黄色い本』で『第7回手塚治虫文化賞』マンガ大賞を受賞した漫画家の高野文子。同展では『黄色い本』『るきさん』『ドミトリーともきんす』、絵本『しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん』などの原画の一部を展示。さらに絵本制作の際のダミーや、普段使用している画材、高野がイラストを描き下ろしたシューズブランド・ダンスコのポスターも紹介する。

会場ではサイン本やグッズを販売するほか、本の購入者に先着でオリジナルポストカードをプレゼントする。

イベント情報

『高野文子 作品原画展』

2015年11月13日(金)~11月17日(火)
会場:東京都 目白 ブックギャラリーポポタム
時間:12:00~19:00(金曜は20:00まで)
料金:無料

『高野文子 作品原画展』 展示風景
『高野文子 作品原画展』 展示風景
『高野文子 作品原画展』 展示風景
『高野文子 作品原画展』 展示風景
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)