ニュース

浮浪者の父と「囲い屋」の息子の再会描く、映画『蜃気楼の舟』

映画『蜃気楼の舟』が、2016年1月末から東京・渋谷アップリンクほか全国で順次公開される。

同作は、東京から連れ去ったホームレスの老人たちを小屋に押し込み、世話をする代わりにその生活保護費を搾取する「囲い屋」を生業にしている主人公が、ホームレスになった父と再会するというストーリー。父との再会によって揺れ動く主人公の心情を、幻想を交えて描いている。

母を亡くし、父に捨てられた過去を持つ主人公を演じるのは小水たいが。主人公の父を田中泯が演じるほか、黒澤明監督『どですかでん』や市川崑監督『犬神家の一族』などに出演した三谷昇、新国立劇場バレエ団プリンシパルの小野絢子らがキャストに名を連ねている。

メガホンを取ったのは、自ら主演も務めたデビュー作『今、僕は』や真利子哲也監督作『NINIFUNI』の脚本を手掛けた竹馬靖具。テーマ曲には坂本龍一のアルバム『out of noise』収録曲“hwit”が使用されている。

なおクラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」では、同作を広く公開するための資金を11月30日まで募集中。プロジェクトの告知動画では宇多丸(RHYMESTER)のコメントが紹介されている。

作品情報

『蜃気楼の舟』

2016年1月末から渋谷アップリンクほか全国順次公開予定
監督・脚本:竹馬靖具
音楽:中西俊博
テーマ曲:坂本龍一“hwit”
出演:
小水たいが
田中泯
足立智充
小野絢子
竹厚綾
川瀬陽太
大久保鷹
中西俊博
北見敏之
三谷昇
配給:アップリンク

『蜃気楼の舟』 ©chiyuwfilm
『蜃気楼の舟』 ©chiyuwfilm
『蜃気楼の舟』チラシビジュアル ©chiyuwfilm
『蜃気楼の舟』チラシビジュアル ©chiyuwfilm
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー