ニュース

小栗旬VS猟奇殺人鬼「カエル男」、大友啓史が『ミュージアム』映画化

左から小栗旬、『ミュージアム』1巻表紙、大友啓史監督 ©巴亮介/講談社 ©2016映画「ミュージアム」製作委員会
左から小栗旬、『ミュージアム』1巻表紙、大友啓史監督 ©巴亮介/講談社 ©2016映画「ミュージアム」製作委員会

映画『ミュージアム』が、2016年に全国で公開される。

同作は、2013年から『ヤングマガジン』で連載された巴亮介の同名漫画が原作。「ドッグフードの刑」「母の痛みを知りましょうの刑」などと書かれた謎のメモを残し、雨の日にだけ残虐な猟奇殺人を繰り返す「カエル男」と、カエル男に狙われた妻子を守ろうと奮闘する警視庁捜査一課の刑事・沢村久志を描くサイコスリラーだ。

カエル男を追う主人公の沢村を演じるのは小栗旬。監督はドラマ『ちゅらさん』『ハゲタカ』『龍馬伝』や、映画『るろうに剣心』シリーズなどを手掛けた大友啓史が担当する。同作は11月8日にクランクインし、現在撮影中。

小栗旬のコメント

漫画を読みきった時、本当に嫌な気持ちになりました。しかし、昨今このような理解し難い事件が起こり、遠い現実ではない気がします。何故、これを今突きつけるのか、どのように届けるべきなのか、初めて参加させてもらう大友監督のもと、共に探せたらと思っています。皆さんと一緒に考えられる作品になればと全力で演じさせていただきます。

大友啓史監督のコメント

こんなに得体の知れない怖さを感じる漫画は初めて読みました。まったく思いもよらないところから、不意に顔の見えない何かが襲い掛かってくる。今まで蓄積してきたものが、一瞬にして台無しにされてしまう。現代社会に巣食う、誰もが共有するそんな漠とした不安を、原作はヒリヒリ、ジリジリと炙り出しています。同時代性あふれるこの素材をどう料理するのか。もっとも仕事をしてみたかった俳優の一人、小栗旬君と共に、大きく深く呼吸をしながら取り組みたいと思います。

巴亮介のコメント

自分が描いたモノが映画になるなんて夢のようで、さらには大好きで何度も観ている『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督がメガホンを握ってくださり、そのうえ僕が学生時代からドラマや映画の第一線を走り続けている、日本を代表する俳優の小栗旬さんが主演してくださるなんて信じられない話です。今から完成がとても楽しみでわくわくしています。監督さん俳優さんスタッフさん、作品に携わる多くの皆様に心より感謝です。

作品情報

『ミュージアム』

2016年に全国公開
監督:大友啓史
原作:巴亮介『ミュージアム』(講談社)
出演:
小栗旬
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く