ニュース

南北に分かれた日本を描く舞台に戸田恵子、近藤芳正、清野菜名ら出演

劇団チョコレートケーキwithバンダ・ラ・コンチャン『ライン(国境)の向こう』フライヤービジュアル
劇団チョコレートケーキwithバンダ・ラ・コンチャン『ライン(国境)の向こう』フライヤービジュアル

劇団チョコレートケーキwithバンダ・ラ・コンチャンによる舞台『ライン(国境)の向こう』が、12月17日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで上演される。

『ライン(国境)の向こう』は、歴史的な事件を題材に扱った作品を発表し、『第21回読売演劇大賞』選考委員特別賞や『第49回紀伊國屋演劇賞』団体賞を受賞した劇団チョコレートケーキと、近藤芳正が一人で立ち上げたバンダ・ラ・コンチャンの合同公演。

同作の舞台となるのは、ポツダム宣言の受諾を拒否したことで本土決戦を迎え、関東以南はアメリカ軍、北海道・東北地方はソビエト軍に統治されてしまった架空の日本。ある日突然国境線を引かれた小さな集落の人々と、彼らに迫る歴史の波を描いた作品だ。

出演者には近藤をはじめ、戸田恵子、高田聖子(劇団☆新感線)、声優としてアニメ『黒子のバスケ』の主人公・黒子テツヤ役などを演じた小野賢章、押井守監督作『東京無国籍少女』で映画初主演を果たした清野菜名らが名を連ねている。

同作の演出を手掛けるのは、劇団チョコレートケーキの演出家・俳優の日澤雄介。脚本は、日澤と同じく劇団チョコレートケーキに所属する古川健が担当する。なお同作は、2016年1月9日の大阪・富田林すばるホールでの公演を皮切りに、神奈川・藤沢市湘南台文化センター市民シアター、埼玉・所沢市民文化センターミューズ、茨城・水戸芸術館ACM劇場でも上演される。東京公演のチケットは現在販売中。そのほかのチケットは各劇場にて販売されている。

イベント情報

劇団チョコレートケーキwithバンダ・ラ・コンチャン
『ライン(国境)の向こう』

演出:日澤雄介
脚本:古川健
出演:
戸田恵子
高田聖子(劇団☆新感線)
小野賢章
清野菜名
浅井伸治(劇団チョコレートケーキ)
岡本篤(劇団チョコレートケーキ)
西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)
谷仲恵輔(JACROW)
寺十吾(tsumazuki no ishi)
近藤芳正(バンダ・ラ・コンチャン)

東京公演
2015年12月17日(木)~12月27日(日)全14公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターウエスト
料金:前売4,800円 当日5,300円 U-20チケット3,800円 初日価格4,300円
※U-20チケットは要証明書提示、枚数限定、劇団・J-Stage Naviのみ取扱い、初日価格は12月17日のみ

大阪公演
2016年1月9日(土)全1公演
会場:大阪府 富田林すばるホール

藤沢公演
2016年1月10日(日)全1公演
会場:神奈川県 藤沢市湘南台文化センター 市民シアター

所沢公演
2016年1月15日(金)全1公演
会場:埼玉県 所沢市民文化センター ミューズ

水戸公演
2016年1月17日(日)全2公演
会場:茨城県 水戸芸術館 ACM劇場

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会