ニュース

『文化庁メディア芸術祭』受賞作発表、マンガ部門大賞は東村アキコ

『第19回 文化庁メディア芸術祭』ロゴ
『第19回 文化庁メディア芸術祭』ロゴ

文化庁メディア芸術祭実行委員会による『第19回文化庁メディア芸術祭』の受賞作品が発表された。

今年度はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、87の国と地域から4417作品の応募が集まり、国内からは過去最多となる2201点があった。

アート部門の大賞に選出されたのは、チュン・ワイチン・ブライアンによる『50.Shades of Grey』。プログラミング言語を使用したコンセプチュアルかつ視覚的な作品で、額装した6枚のシートで構成されている。優秀賞には日本から長谷川愛の『(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合』、新人賞に山本一彰の『算道』が選出されている。

エンターテインメント部門の大賞は岸野雄一による音楽劇『正しい数の数え方』。フランス・パリで初演された同作は、人形劇や演劇、アニメーション、音楽演奏といった複数の表現で構成された観客参加型の作品だ。審査員の宇川直宏は、「この全身勉強家の複合芸術を“メディア芸術”と呼ばずに何を“メディア”、そして“芸術”と呼ぶのか?」と評している。新人賞には橋本麦とノガミカツキが制作したgroup_inouのPV“EYE”、吉開菜央監督の映画『ほったまるびより』が選出。

アニメーション部門の大賞はフランス出身のボリス・ラベによる『Rhizome』。ジル・ドゥルーズとフェリックス・ガタリが提示した「リゾーム」の概念から名付けられた作品で、緻密かつ大胆な構図の短編アニメーションとなる。作者のラべは1987年生まれ、現在はスペイン・マドリッドを拠点に活動している。日本からは岩井俊二監督作『花とアリス殺人事件』が優秀賞、新井陽次郎監督の『台風のノルダ』が新人賞に選ばれた。

マンガ部門の大賞に輝いたのは、東村アキコの『かくかくしかじか』。優秀賞には志村貴子『淡島百景』、田亀源五郎『弟の夫』、業田良家『機械仕掛けの愛』、ポルトガルのホー・ティンフンによる『Non-working City』が選出され、新人賞にはネルノダイスキの同人誌『エソラゴト』、おくやまゆか『たましい いっぱい』、安藤ゆき『町田くんの世界』が選ばれている。

受賞作品展は2016年2月3日から東京・六本木の国立新美術館を中心に開催。受賞作品約160点を紹介するほか、ゲームやガジェットといった体験型の作品、アニメーションや漫画の関連資料の展示や、映像作品の上映、さらに受賞作品や審査委員会推薦作品の全巻を自由に閲覧できる「マンガライブラリー」も設置する。トークやパフォーマンス、ワークショップなども行われる予定だ。詳細は『文化庁メディア芸術祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第19回 文化庁メディア芸術祭』受賞作品

アート部門
大賞
CHUNG Waiching Bryan『50.Shades of Grey』
優秀賞
Adam BASANTA『The sound of empty space』
Marcel.lí ANTÚNEZ ROCA『Ultraorbism』
KASUGA(Andreas LUTZ / Christoph GRÜNBERGER)『Wutbürger』
長谷川愛『(不)可能な子供、01:朝子とモリガの場合』
新人賞
山本一彰『算道』
Lorenz POTTHAST『Communication with the Future 06 - The Petroglyphomat』
Louis-Jack HORTON-STEPHENS『Gill & Gill』

エンターテインメント部門
大賞
岸野雄一『正しい数の数え方』
優秀賞
Jesse RINGROSE / Jason ENNIS『Dark Echo』
Sougwen CHUNG『Drawing Operations Unit:Generation 1』
Assocreation / Daylight Media Lab『Solar Pink Pong』
Marc FLURY / Brian GIBSON『Thumper』
新人賞
吉開菜央『ほったまるびより』
Christian WERNER / Isabelle BUCKOW『Black Death』
橋本麦 / ノガミ カツキ group_inou『EYE』

アニメーション部門
大賞
Boris LABBÉ『Rhizome』
優秀賞
岩井俊二『花とアリス殺人事件』
Riho UNT『Isand (The Master)』
NGUYEN Phuong Mai『My Home』
Gabriel HAREL『Yùl and the Snake』
新人賞
新井陽次郎『台風のノルダ』
Agnès PATRON / Cerise LOPEZ『Chulyen, a Crow's tale』
Natalia CHERNYSHEVA『Deux Amis (Two Friends)』

マンガ部門
大賞
東村アキコ『かくかくしかじか』
優秀賞
志村貴子『淡島百景』
田亀源五郎『弟の夫』
業田良家『機械仕掛けの愛』
HO Tingfung『Non-working City』
新人賞
ネルノダイスキ『エソラゴト』
おくやまゆか『たましい いっぱい』
安藤ゆき『町田くんの世界』

イベント情報

『第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2016年2月3日(水)~2月14日(日)
会場:東京都 六本木 国立新美術館、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、SuperDeluxeほか
休館日:国立新美術館は2月9日、他会場は決定次第オフィシャルサイトで発表
料金:無料

『第19回文化庁メディア芸術祭』アート部門 大賞『50.Shades of Grey』CHUNG Waiching Bryan ©2015 Bryan Wai-ching CHUNG
『第19回文化庁メディア芸術祭』アート部門 大賞『50.Shades of Grey』CHUNG Waiching Bryan ©2015 Bryan Wai-ching CHUNG
『第19回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門 大賞『正しい数のかぞえ方』岸野雄一 ©2015 Out One Disc
『第19回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門 大賞『正しい数のかぞえ方』岸野雄一 ©2015 Out One Disc
『第19回文化庁メディア芸術祭』アニメーション部門 大賞『Rhizome』Boris LABBÉ ©Sacrebleu Productions
『第19回文化庁メディア芸術祭』アニメーション部門 大賞『Rhizome』Boris LABBÉ ©Sacrebleu Productions
『第19回文化庁メディア芸術祭』マンガ部門 大賞『かくかくしかじか』東村アキコ ©Akiko HIGASHIMURA/SHUEISHA
『第19回文化庁メディア芸術祭』マンガ部門 大賞『かくかくしかじか』東村アキコ ©Akiko HIGASHIMURA/SHUEISHA
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く