ニュース

範宙遊泳の新作は「インターネット」が題材、演劇に「絵文字」を導入

範宙遊泳『われらの血がしょうたい』チラシビジュアル ©たかくらかずき
範宙遊泳『われらの血がしょうたい』チラシビジュアル ©たかくらかずき

演劇集団「範宙遊泳」の舞台『われらの血がしょうたい』が、12月4日から神奈川・横浜ののげシャーレで上演される。

範宙遊泳は、2007年に山本卓卓が旗揚げした劇団。全ての作品の脚本と演出を山本が担当し、東京を拠点に海外でも公演を行っている。昨年発表した『うまれてないからまだしねない』は『第59回岸田國士戯曲賞』の最終候補にノミネートされたほか、今年9月には代表作『幼女X』と同作の後日談を描いた『楽しい時間』を2本立てで上演した。

範宙遊泳にとって約1年半ぶりとなる新作公演『われらの血がしょうたい』は、現代におけるインターネットの存在を題材にした作品。来年1月にはインド公演を予定しており、言語や人種といった様々な要素の異なる外国での上演を想定した作品になるという。

作・演出は山本、音楽は千葉広樹(Kinetic、サンガツ、rabbitoo)が担当。また、『うまれてないからまだしねない』にも参加したアートディレクターのたかくらかずきが美術監督を務め、舞台美術に「絵文字」を取り入れるという。チケットは現在販売中。インド公演の詳細は続報を待とう。なお範宙遊泳は、『うまれてないからまだしねない』の全編の模様をYouTubeで期間限定無料公開する予定だ。

山本卓卓のコメント

高速で発展する文明に、乗り遅れたというより追い越してしまった人がいて、その人が、だからといって人類の脅威やカリスマになるのではなく、あるいはドン・キホーテのようにヘマばかり続けていくのではなく、ただただ過ぎていく時間を前に畏れたり茫然としたりする中で、容易く絶望しない勇気を持っていく。

かつてインターネットは匿名の場所だと思っていた。けれどもほんとうはたぶん違う。ここでは無人島で寝転んで陽を浴びるような、そんな孤立した時間はたぶん流れていない。僕たちはそんな情景を“のどか”だと思うことすらなくなった。匿名じゃない。みんな有名になった。忙しくなったし忘れっぽくなった。たぶんもう後戻りはできない。やっぱり進んでいくしかない。血よ、いったいどこに繋がっているのか。

イベント情報

フェスティバル/トーキョー15連携プログラム 横浜→インド公演
範宙遊泳
『われらの血がしょうたい』

2015年12月4日(金)~12月14日(月)全13公演
会場:神奈川県 横浜 のげシャーレ
作・演出:山本卓卓
美術監督:たかくらかずき
音楽:千葉広樹(Kinetic、サンガツ、rabbitoo)
出演:
大橋一輝
熊川ふみ
田中美希恵
埜本幸良
福原冠
料金:
一般前半割 前売3,000円 当日3,500円
学生前半割 前売2,500円 当日3,000円
一般 前売3,300円 当日3,800円
学生 前売2,800円 当日3,300円
高校生以下 前売・当日1,000円
※前半割は12月4日から12月6日の公演が対象

範宙遊泳『われらの血がしょうたい』チラシビジュアル ©たかくらかずき
範宙遊泳『われらの血がしょうたい』チラシビジュアル ©たかくらかずき
範宙遊泳(撮影:斉藤翔平)
範宙遊泳(撮影:斉藤翔平)
『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』より(撮影:加藤和也(FAIFAI))
『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』より(撮影:加藤和也(FAIFAI))
『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』より 撮影:加藤和也(FAIFAI)
『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』より 撮影:加藤和也(FAIFAI)
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催