『SWITCH』ゲーム史特集に星野源ら、表紙はスプラトゥーン×いにお

特集記事「ゲームの30年 1985-2015」が、12月20日に刊行される『SWITCH Vol.34 No.1』に掲載される。

同特集では、1985年に販売がスタートしたゲーム『スーパーマリオブラザーズ』から現在に至るまでの30年間のゲーム史を紐解く。『妖怪ウォッチ』などの日野晃博、『モンスターハンター』シリーズの辻本良三、『ファイナルファンタジー』の坂口博信、野村哲也をはじめとする様々なゲームクリエイターたちへの取材をもとに、その創作の原点とゲームの未来の展望に迫る。また、『ICO』『ワンダと巨像』を手掛けたゲームデザイナー・上田文人と、星野源の対談などが掲載される。

表紙には、浅野いにおが任天堂のゲーム『Splatoon』のキャラクターを描き下ろしたイラストを使用。さらに『スーパーマリオメーカー』と『Splatoon』のキャラクターステッカーが付属する。

書籍情報

『SWITCH Vol.34 No.1』

2015年12月20日(日)発売
価格:972円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『SWITCH』ゲーム史特集に星野源ら、表紙はスプラトゥーン×いにお

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて