人間の存在意義や関係性を「線」で表現、川内理香子の新作展

川内理香子の個展『back is confidential space. Behind=Elevator』が、12月19日から東京・恵比寿のwaitingroomで開催される。

1990年生まれの川内理香子は、多摩美術大学大学院美術学部に在籍しながら作品を制作。公募プログラム『第9回 shiseido art egg』で入選し、今年1月に東京・銀座の資生堂ギャラリーで行われた『shiseido art egg』の展覧会ではドローイングのみという挑戦的な展示内容で『shiseido art egg賞』に選ばれた。

同展は、人間の存在意義や関係性をテーマに、川内の「線」へのこだわりで表現された新作を展示。10点以上のドローイング作品をはじめ、ペインティング作品、針金やゴムチューブ、ネオン管を用いた作品などが展示される予定だ。

なお同展のタイトルである『back is confidential space. Behind=Elevator』には、「後ろと前は同じ」「入口と出口は一緒」といった、世界の不可思議さを問う川内の考えが表現されているという。

イベント情報

川内理香子個展
『back is confidential space. Behind=Elevator』

2015年12月19日(土)~2016年2月7日(日)
会場:東京都 恵比寿 waitingroom
時間:月曜17:00~23:00、金、土、日曜13:00~19:00
休廊日:火、水、木曜、12月28日~1月7日
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 人間の存在意義や関係性を「線」で表現、川内理香子の新作展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて