ニュース

小関裕太&森川葵が主演、男子高×女子高の合宿ホラー『ドロメ』

『ドロメ』 ©2016「ドロメ」製作委員会
『ドロメ』 ©2016「ドロメ」製作委員会

映画『ドロメ【男子篇】』『ドロメ【女子篇】』の2作品が、3月26日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

同作は、男子高校と女子高校の演劇部員たちの合同合宿を、男子と女子の視点から描いたホラー映画。翌年の統合を見据えて合同合宿を行っていた演劇部員たちが次々と奇妙な出来事に襲われ、それらの事件が山に言い伝えられている「ドロメ」の仕業だと判明していくというストーリーだ。

『ドロメ【男子篇】』の主演を務めるのは、ドラマ『ごめんね青春!』『ホテルコンシェルジュ』の小関裕太。『ドロメ【女子篇】』の主演を映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』やドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』『テディ・ゴー!』の森川葵が務める。

メガホンを取ったのは、『先生を流産させる会』『パズル』などを手掛け、監督作『ライチ☆光クラブ』の公開を控える内藤瑛亮。なお、内藤は同作について「ベートーヴェンの交響曲第9番『合唱』第4楽章に合わせて、モンスターをフルボッコする映画を撮りたい。以前から夢想していたことがついに実現しました!」とコメントしている。

小関裕太のコメント

今回僕ははじめてホラー映画に出演しました。本物の、使われていない学校にて早朝から深夜まで籠りっぱなしでの撮影。
夜中の校舎はもともと怖いのに、ホラー現場としての校舎は何倍もでした(笑)
ホラーなんだけど軽やかに描かれるこの作品は「なになに系の」と型にはまらないので、この映画を見てくださった、あなたの思う「型」の名前を教えてください。
最後に胸の中に残るのは「怖い」だけとは限りません。

森川葵のコメント

いつ何が来るかわからない怖さにずっとびくびくしながら見ました。女子編と男子編2パートに分かれていて台本で読んでいたときはいまいち想像がつきにくかったんですが、映像になって見てみたら女子編では描かれていなかった謎の部分や、ここの裏でこんなことになっていたのか!ということがあり、女子編を見て男子編を見てもう一度女子編を見たくなってしまう映画でした。そして、ドロメが可愛かったです(笑)

内藤瑛亮監督のコメント

ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」第4楽章に合わせて、モンスターをフルボッコする映画を撮りたい。以前から夢想していたことがついに実現しました!

作品情報

『ドロメ【男子篇】』

2016年3月26日(土)からシネマート新宿ほか全国で順次公開

『ドロメ【女子篇】』

2016年3月26日(土)からシネマート新宿ほか全国で順次公開
監督:内藤瑛亮
脚本:内藤瑛亮、松久育紀
出演:
小関裕太
森川葵
中山龍也
三浦透子
大和田健介
遊馬萌弥
岡山天音
比嘉梨乃
菊池明明
長宗我部陽子
木下美咲
東根作寿英
ほか
配給:日本出版販売

『ドロメ』 ©2016「ドロメ」製作委員会
『ドロメ』 ©2016「ドロメ」製作委員会
内藤瑛亮監督 ©2016「ドロメ」製作委員会
内藤瑛亮監督 ©2016「ドロメ」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く