井浦新が大分の奇祭や北斎の天井画を体感、『日曜美術館』で一人旅

『日曜美術館特別編「巡る、触れる、感じる~井浦新“にっぽん”美の旅~2」』が、1月3日にNHK Eテレで放送される。

同番組は日本美術を愛する井浦新が、日本全国を旅して「美」に触れる特別番組の第2弾。番組の初めでは、大分・国東半島を訪れ、不気味な木の仮面を被った人が火の粉を撒き散らす、古代から続くとされる祭「ケベス祭り」を体験する。

さらに長野・小布施では葛飾北斎が最晩年に描きあげた21畳におよぶ色鮮やかな肉筆の天井画『大鳳凰図』を鑑賞するほか、北海道・日高地方の二風谷でアイヌ工芸と出会い、井浦が伝統的な独特の文様から自由な発想を感じ取る様子が映し出される。今回の旅を通して井浦は、自身がいかに型にはまった視点を持っていたかに気づき、「遊び心」「自由であること」というキーワードを見出すという。

番組情報

『日曜美術館特別編「巡る、触れる、感じる~井浦新“にっぽん”美の旅~2」』

2016年1月3日(日)21:00~22:30にNHK Eテレで放送
出演:井浦新

  • HOME
  • Art,Design
  • 井浦新が大分の奇祭や北斎の天井画を体感、『日曜美術館』で一人旅

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて