ニュース

原研哉、服部一成、仲條正義ら10人による『日本酒ポスター展』

日本デザインコミッティーが主催する企画展『伝統の未来|02|日本酒 10人のグラフィックデザイナーによる日本酒ポスター展』が、1月27日から東京・銀座の松屋銀座デザインギャラリー1953で開催される。

同展は、2016年秋に松屋銀座のイベントスクエアで開催される日本の文化の可能性を探る展覧会『伝統の未来』に関連した企画の第2弾。日本のグラフィックデザイナーが「日本酒」をテーマに制作したポスターを、各作家が日本酒をどのように解釈したかを表したコメントと共に展示する。企画は松永真が担当。

参加作家は、原研哉、服部一成、松永真、永井裕明、永井一正、仲條正義、奥村靫正、佐藤晃一、佐藤卓、下谷二助の10人となる。

松永真のコメントト

本展は、日本デザインコミッティーが企画する『伝統の未来』シリーズの第二弾“日本酒”です。伝統的で、奥が深くて、日本人の食生活や生活習慣から切っても切り離すことの出来ない“日本酒”。年の初めの展覧会らしく、イメージの提言と飛躍の中に今一度、“日本酒”の何ものかを見い出してみたいという試みです。そんな思いから個性豊かな10名のグラフィックデザイナーの皆様に、日本酒そのもののイメージを自由にポスターとして表現して頂きました。登場するのは、伝統の堅持、世界への飛躍、未知への挑戦、ピリッと、ふわっと、辛口、甘口、何でもありの美しくて、楽しい、またはハッとする何か。ご来場の皆さまにはほろ酔い気分で楽しくご高覧いただければと思います。

イベント情報

第721回デザインギャラリー1953企画展
『伝統の未来|02|日本酒 10人のグラフィックデザイナーによる日本酒ポスター展』

2016年1月27日(水)~2月21日(日)
会場:東京都 銀座 松屋銀座 7階 デザインギャラリー1953
時間:10:00~20:00(2月21日は17:00まで)
参加作家:
原研哉
服部一成
松永真
永井裕明
永井一正
仲條正義
奥村靫正
佐藤晃一
佐藤卓
下谷二助
料金:無料

仲條正義作品
仲條正義作品
原研哉作品
原研哉作品
佐藤卓作品
佐藤卓作品
奥村靫正作品
奥村靫正作品
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図