OKI DUB AINU BANDの5年ぶり新アルバム、「うた」をリズムで表現

OKI DUB AINU BANDのニューアルバム『UTARHYTHM』が、3月9日にリリースされる。

アイヌの血を引くOKIが率いるOKI DUB AINU BANDは、アイヌに伝承されている歌や踊りと、レゲエやロックが混在した楽曲を発表しているバンド。メンバーはOKI(トンコリ,Gt,Vo)をはじめ、居壁太(トンコリ,Cho)、沼澤尚(Dr / THEATRE BROOK)、中條卓(Ba / THEATRE BROOK)、HAKASE-SUN(Key / LITTLE TEMPO、ex.フィッシュマンズ)、ダブエンジニアリングを担当する内田直之(LITTLE TEMPO)の6人だ。

同バンドにとって約5年ぶりのアルバムとなる『UTARHYTHM』は、アイヌの「うた」をリズムで表現したという作品。タイトルにはアイヌ語で「仲間」を表す「UTARI」の意味も込められているとのこと。レコーディングにはゲストも参加している。なお同作のリリースを記念するワンマンライブが、3月5日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催される。

リリース情報

OKI DUB AINU BAND
『UTARHYTHM』(CD)

2016年3月9日(水)発売
価格:2,800円(税込)
UBCA-1050

・ANKIMA KAKA (ride on snow)
・ARAHUY
・HAYTAKUR SKANK
・SUMA MUKAR
・KAMUY SINTA
・HEKURI SARARI
・CITY OF ALEPPO
・NT SPECIAL
・TAMA KOOTO
・KENKEYO
・RERA TASA BOO
・HUNDIRI
・UTARHYTHM

amazonで購入する

イベント情報

アルバム発売記念ワンマンライブ

2016年3月5日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:OKI DUB AINU BAND
料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)

  • HOME
  • Music
  • OKI DUB AINU BANDの5年ぶり新アルバム、「うた」をリズムで表現

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて