ニュース

66年生まれ集う『ROOTS66』にオーケン、吉井和哉、田島貴男ら20組超

『ROOTS66-Naughty 50-』記者会見より
『ROOTS66-Naughty 50-』記者会見より

ライブイベント『ROOTS66-Naughty 50-』が、3月25日に宮城・仙台サンプラザホール、3月27日に東京・九段下の日本武道館、4月3日に大阪・大阪城ホールで開催される。

60年に一度の「丙午」だった1966年生まれのミュージシャンが集う同イベント。2006年にライブイベント『ROOTS 66 -DON'T TRUST OVER 40-』として大阪城ホールとZepp Tokyoで初開催された。

約10年ぶりの開催となる今回は3都市が舞台。現在までに明らかになっている出演者は、宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))、大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮)、福島忍(勝手にしやがれ)、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、増子直純(怒髪天)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、田中邦和(sembello)、塩谷哲、斉藤和義、渡辺美里、スガシカオ、ABEDON(UNICORN)、阿部耕作(THE COLLECTORS)、伊藤ふみお(KEMURI)、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、斉藤由貴、吉井和哉、たちばな哲也(SPARKS GO GO)、八熊慎一(SPARKS GO GO)、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、田中和(勝手にしやがれ)、木暮晋也(HICKSVILLE)、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、トータス松本(ウルフルズ)ら20組超。またゲストミュージシャンにtatsu(レピッシュ)が名を連ねているほか、大阪公演にはエレファントカシマシがゲスト出演する。チケットの一般発売は2月28日10:00からスタート。

なお本日1月28日に東京・府中の東京競馬場で行なわれた記者会見では、初参加となる大槻が「人見知りなんですけど、みなさんとニックネームで呼び合いたい(笑)」、増子が「尿酸値や痛風、老眼を気にする年になっちゃったけど、頑張る!」とコメント。トータスは「今、この時代に丙午(1966年生まれ)の人間は僕ら世代だけになってきてると思うので、貴重な機会。やれて良かった!」と喜びを語った。

イベント情報

『ROOTS66-Naughty 50-』

2016年3月25日(金)START 18:30
会場:宮城県 仙台サンプラザホール
出演:
宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))
大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮)
福島忍(勝手にしやがれ)
中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
増子直純(怒髪天)
田島貴男(ORIGINAL LOVE)
田中邦和(sembello)
塩谷哲
スガシカオ
ABEDON(UNICORN)
阿部耕作(THE COLLECTORS)
伊藤ふみお(KEMURI)
吉井和哉
たちばな哲也(SPARKS GO GO)
八熊慎一(SPARKS GO GO)
奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)
田中和(勝手にしやがれ)
木暮晋也(HICKSVILLE)
トータス松本(ウルフルズ)
ゲストミュージシャン:tatsu(レピッシュ)

2016年3月27日(日)START 17:00
会場:東京都 九段下 日本武道館
出演:
宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))
大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮)
福島忍(勝手にしやがれ)
中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
増子直純(怒髪天)
田島貴男(ORIGINAL LOVE)
田中邦和(sembello)
塩谷哲
斉藤和義
渡辺美里
スガシカオ
ABEDON(UNICORN)
阿部耕作(THE COLLECTORS)
伊藤ふみお(KEMURI)
沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)
斉藤由貴
吉井和哉
たちばな哲也(SPARKS GO GO)
八熊慎一(SPARKS GO GO)
奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)
田中和(勝手にしやがれ)
木暮晋也(HICKSVILLE)
谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
トータス松本(ウルフルズ)
ゲストミュージシャン:tatsu(レピッシュ)

2016年4月3日(日)START 17:00
会場:大阪府 大阪城ホール
出演:
宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))
大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮)
福島忍(勝手にしやがれ)
中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
増子直純(怒髪天)
田島貴男(ORIGINAL LOVE)
田中邦和(sembello)
塩谷哲
斉藤和義
渡辺美里
スガシカオ
ABEDON(UNICORN)
阿部耕作(THE COLLECTORS)
伊藤ふみお(KEMURI)
沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)
吉井和哉
たちばな哲也(SPARKS GO GO)
八熊慎一(SPARKS GO GO)
奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)
田中和(勝手にしやがれ)
木暮晋也(HICKSVILLE)
谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
トータス松本(ウルフルズ)
ゲスト:エレファントカシマシ
ゲストミュージシャン:tatsu(レピッシュ)

料金:各公演8,800円

『ROOTS66-Naughty 50-』記者会見より
『ROOTS66-Naughty 50-』記者会見より
『ROOTS66-Naughty 50-』ロゴ
『ROOTS66-Naughty 50-』ロゴ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開