ニュース

「中原佑介の眼」から辿る60~70年代の美術、『美術は語られる』展

『美術は語られる-評論家・中原佑介の眼-』展が、2月11日から千葉・佐倉のDIC川村記念美術館で開催される。

1931年に生まれた中原佑介は、戦後日本において針生一郎、東野芳明と並んで「美術評論の御三家」と呼ばれた美術評論家。2011年に逝去するまでに、美術評論に加えて『パリ・ビエンナーレ』『サンパウロ・ビエンナーレ』『ヴェネチア・ビエンナーレ』といった国際展のコミッショナーや、兵庫県立美術館館長、京都精華大学学長、国際美術評論家連盟会長を歴任するなど多岐にわたる活動を行なった。

同展は、中原の活動を通して1960年代から1970年代の美術がどのように日本で紹介され、評価されたかを振り返る展覧会。DIC川村記念美術館が所蔵する現代美術作品を中原の視点から捉え直して紹介するほか、中原が残した小品のコレクションから約40点を展示する。

会場は全4章で構成され、第1章では瀧口修造、岡本太郎ら戦前から活動していた作家の作品、第2章では河原温、高松次郎、中西夏之、赤瀬川原平ら中原と同世代の作家、第3章ではクリストとジャンヌ=クロードといった中原が日本に紹介した海外作家、第4章ではコンスタンティン・ブランクーシをはじめとする中原が評価した20世紀の「現代彫刻」の作家たちが紹介される。また中原と作家たちの姿を捉えた写真や、中原の著作も展示される。

イベント情報

『美術は語られる-評論家・中原佑介の眼-』

2016年2月11日(木・祝)~4月10日(日)
会場:千葉県 佐倉 DIC川村記念美術館

時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(3月21日は開館)、3月22日
料金:一般1,000円 学生・65歳以上800円 小中学生・高校生600円
※2月14日は DIC 株式会社の創業記念日のため入館無料

来日したハンス・リヒターを囲んで 1966年(左から瀧口修造、中原佑介、ハンス・リヒター)、撮影者不詳、ハンス・リヒターのサイン入り、中原佑介コレクション
来日したハンス・リヒターを囲んで 1966年(左から瀧口修造、中原佑介、ハンス・リヒター)、撮影者不詳、ハンス・リヒターのサイン入り、中原佑介コレクション
高松次郎『平面上の空間 No.849』1978年、DIC川村記念美術館 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『平面上の空間 No.849』1978年、DIC川村記念美術館 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
李禹煥『刻みより』1972年 中原佑介コレクション ©Lee Ufan
李禹煥『刻みより』1972年 中原佑介コレクション ©Lee Ufan
クリスト『囲まれた島々、フロリダ州マイアミ、ビスケーン湾のプロジェクト』1982年、中原佑介コレクション
クリスト『囲まれた島々、フロリダ州マイアミ、ビスケーン湾のプロジェクト』1982年、中原佑介コレクション
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側