『スター・ウォーズ』の効果音使った公認コンピ、Flying Lotusら参加

リック・ルービンによるコンピレーションアルバム『Star Wars Headspace』が2月19日に配信リリースされる。

リック・ルービンがプロデュースを手掛ける同作は、様々なアーティストが映画『スター・ウォーズ』シリーズに使用された効果音などを使用して制作したダンスミュージックトラックを収録。楽曲にはウーキー族の叫び声やダースベイダーの呼吸音、R2-D2が発する音などがサンプリングされており、同作はディズニー公認の作品となる。

参加アーティストは、Kaskade、GTA、TroyBoi、Baauer、Shag Kava、Claude VonStroke、リック・ルービン、Bonobo、Royksopp、ATTLAS、Flying Lotus、Shlohmo、Rustie、Galantis、Breakbotら。Shag Kavaはリン=マニュエル・ミランダとJ・J・エイブラムスのユニットとなり、最新作『フォースの覚醒』で使用された楽曲“Jabba Flow”のリック・ルービンとA-Trakによるリミックスが収められる。

なお現在Flying Lotus“R2 Where R U?”、Baauer“Cantina Boys”、リック・ルービン“NR-G7”の試聴音源が公開中。同作のフィジカル盤は3月18日に発売される。

リリース情報

V.A.
『Star Wars Headspace』

2016年2月19日(金)から配信リリース

1. C-3P0's Plight / Kaskade
2. Help Me! / GTA
3. Force / TroyBoi
4. Cantina Boys / Baauer
5. Jabba Flow: Rick Rubin Re-Work (feat. A-Trak) / Shag Kava
6. R2 Knows (feat. Barry Drift) / Claude VonStroke
7. NR-G7 / Rick Rubin
8. Ghomrassen / Bonobo
9. Bounty Hunters / Royksopp
10. Sunset Over Manaan / ATTLAS
11. R2 Where R U? / Flying Lotus
12. Druid Caravan of Smoke / Shlohmo
13. EWOK PUMPP / Rustie
14. Scruffy-Looking Nerfherder / Galantis
15. Star Tripper / Breakbot

  • HOME
  • Music
  • 『スター・ウォーズ』の効果音使った公認コンピ、Flying Lotusら参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて