雛形あきこ&渡部豪太の二人芝居、スウェーデン戯曲原作の『令嬢と召使』

舞台『令嬢と召使』が、4月21日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで開催される。

同作は、令嬢・ジュリーと召使い・ジャンの関係を1幕で描いた、スウェーデン人作家ヨハン・アウグスト・ストリンドベリの戯曲『令嬢ジュリー』をもとにした作品。原作ではジュリーとジャンに加えて、同じく召使いのクリスティンが登場するが、今回の公演はジュリーとジャンの二人芝居として再構成される。

出演者は、雛形あきこと渡部豪太。演出は、ドラマ『紙の月』『坂の上の雲』などの一色隆司が担当し、上演台本は、青山真治演出の舞台『フェードル』などのプロデュースも担当した笹部博司が手掛けている。チケットの一般販売は2月27日からスタート。

渡部豪太のコメント

今回、ストリンドベリの戯曲に初挑戦します。
『男』と『女』が織りなす一幕で、『陰』と『陽』が溶け合う先にはいったい何があるか、私も楽しみです。

イベント情報

『令嬢と召使』

2016年4月21日(木)~4月24日(日)全6公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム

演出:一色隆司
作:ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ
上演台本:笹部博司
出演:
雛形あきこ
渡部豪太
料金:5,800円

  • HOME
  • Stage
  • 雛形あきこ&渡部豪太の二人芝居、スウェーデン戯曲原作の『令嬢と召使』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて