『札幌国際芸術祭2017』概要発表、テーマは「芸術祭ってなんだ?」

『札幌国際芸術祭2017』の開催概要が発表された。

今回で2回目の開催を迎える『札幌国際芸術祭』。2014年に開催された第1回では坂本龍一がゲストディレクターを務めた。

大友良英がゲストディレクターを務める今回は、2017年8月6日から10月1日まで開催。会場は札幌市内のすすきの、狸小路、円山の各エリアに加えて、札幌芸術の森、札幌市資料館、モエレ沼公園など。テーマは「芸術祭ってなんだ?」となる。

あわせて、芸術祭について考えていく母体となる「SIAF2017スペシャル・ビッグバンド」が結成されたことも発表。実際には音楽は演奏せず、市民と協働しながらトークでジャムセッションを繰り広げるための「バンドのようなもの」になるという。

大友はSIAF2017スペシャル・ビッグバンドについて、「芸術祭を考えていくための母体をビッグバンドと呼んでみたらどうなるか。わたしの役目をバンマスに例えたらどうなるか。そんなちょっとした悪戯をしてみたくなりました」と『札幌国際芸術祭2017』のオフィシャルサイトでコメントしている。

イベント情報

『札幌国際芸術祭2017』

2017年8月6日(日)~10月1日(日)
会場:北海道 札幌 すすきのエリア、狸小路エリア、円山エリア、札幌芸術の森、札幌市資料館、モエレ沼公園ほか

  • HOME
  • Art,Design
  • 『札幌国際芸術祭2017』概要発表、テーマは「芸術祭ってなんだ?」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて