スカヨハがパンクなヤマアラシ役、動物が歌うアニメ映画『SING』

アニメーション映画『SING(原題)』が、2017年に公開される。

同作は、『ミニオンズ』などを製作したイルミネーション・エンターテインメントが、今夏公開の『ペット』に続いて発表する作品。動物たちの世界を舞台に、経営不振の劇場のオーナーであるコアラのバスター・ムーンが、劇場を建て直すために歌唱コンテストのプロデュースをする様を描くミュージカルコメディーだ。

声優陣にはバスター役のマシュー・マコノヒーをはじめ、優しく歌うハツカネズミ役のセス・マクファーレン、子どもたちの面倒を見るのに疲れ果てたブタの母親役を演じるリース・ウィザースプーン、ギャングスターのゴリラ役を演じるタロン・エガートン、恋愛に悩むパンクロッカーのヤマアラシ役を演じるスカーレット・ヨハンソンらが名を連ねている。

今回の発表とあわせて特報も公開。映像では、楽天家のバスターがコンテストの開催のために奮闘する姿に加えて、ブタやヒツジ、ウサギ、カタツムリといった生き物たちがLady Gaga“Bad Romance”、Crazy Town“Butterfly”、ニッキー・ミナージュ“Anaconda”といった楽曲をステージの上で歌う様子が確認できる。なお劇中には全85曲の楽曲が使用される予定だ。

作品情報

『SING(原題)』

2017年公開

監督・脚本:ガース・ジェニングス
声の出演:
マシュー・マコノヒー
リース・ウィザースプーン
セス・マクファーレン
スカーレット・ヨハンソン
ジョン・C・ライリー
タロン・エガートン
トリー・ケリー
ニック・クロール
ジェニファー・サンダース
ピーター・セラフィノーウィッチュ
レスリー・ジョーンズ
ジェイ・ファロア
ニック・オファーマン
ベック・ベネット
配給:東宝東和

  • HOME
  • Movie/Drama
  • スカヨハがパンクなヤマアラシ役、動物が歌うアニメ映画『SING』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて