初開催『奥能登国際芸術祭』に石川直樹、塩田千春、ひびのこづえら9作家

2017年9月3日から開催される『奥能登国際芸術祭』の第1弾参加アーティストが発表された。

日本海に囲まれた能登半島の先端に位置する石川・珠洲市全域を舞台に、初開催を迎える同イベント。様々なアーティストと地域内外の人々が共同で作り上げる芸術祭となり、地元の土地や生活、人々の魅力を再発見することを目指す。総合ディレクターを北川フラム、クリエイティブディレクターを浅葉克己、コミュニケーションディレクターを福田敏也が務めるほか、オフィシャル写真を石川直樹が手掛ける。

今回参加が明らかになったのは、浅葉克己、EAT & ART TARO、石川直樹、エコ・ヌグロホ、塩田千春、中瀬康志、ひびのこづえ、深澤孝史、リュウ・ジャンファの9組。今後も参加アーティストの追加発表を予定している。

また芸術祭にあわせて実施される参加型プロジェクト『おくノート』も始動。珠洲の住人や同地を訪れた人からの投稿を通して、地域の魅力を再発見する企画となり、フリーペーパーの発行や写真コンテストなどを行なう。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『奥能登国際芸術祭』

2017年9月3日(日)~10月22日(日)予定
会場:石川県 珠洲全域

参加アーティスト:
浅葉克己
EAT & ART TARO
石川直樹
エコ・ヌグロホ
塩田千春
中瀬康志
ひびのこづえ
深澤孝史
リュウ・ジャンファ
ほか

  • HOME
  • Art,Design
  • 初開催『奥能登国際芸術祭』に石川直樹、塩田千春、ひびのこづえら9作家

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて