ニュース

川栄李奈がサイコな無差別殺人者に、東出昌大主演『デスノート』続報

映画『デスノート 2016』の追加キャストが発表された。

「デスノート」を巡る夜神月とLの戦いから10年後を描く同作。ロシアとウォール街、渋谷でデスノートによる大量殺人が行なわれる中で、地上に6冊のデスノートが存在することが明らかになるが、デスノートの提出を呼びかけるコンピュータウィルス「キラウィルス」がばら撒かれたことからノートの争奪戦が始まる、というあらすじだ。

これまでの発表では、デスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創役の東出昌大、「Lの正統な後継者」と称される世界的探偵・竜崎役の池松壮亮、キラこと夜神月を崇拝する天才サイバーテロリスト・紫苑優輝役を演じる菅田将暉の出演が明らかになっていた。

今回出演が発表されたのは、死神が地上にばら撒いたデスノートの所有者・青井さくら役を演じる川栄李奈。渋谷にいる一見平凡な若い女性だが、デスノートを使って思想を持たずに無差別殺人を行なう、という役どころだ。

佐藤信介監督は、川栄演じるさくらの出演シーンについて「本作の非常に大きな見所のシーンとなりました」とコメント。また川栄は「こういう役はやったことがなかったので、すごくやってみたかったし、今回新しい挑戦をさせていただいて、とても嬉しい」と喜びを語っている。

川栄李奈のコメント

こういう役はやったことがなかったので、すごくやってみたかったし、今回新しい挑戦をさせていただいて、とても嬉しいです。自分がデスノートを拾ったらどうなるんだろうとワクワクしながらも、周りで多くの人が死んでいくので不思議な感じですが、普通の女の子を意識して演じさせていただきました。私も好奇心旺盛なので、そこは(青井さくらと)似ていると思います。過去の作品は、どのようなラストになるのかワクワクしながら見ていたので、そのワクワクがこの作品でも感じていただけると思います。とても楽しみです。

佐藤信介監督のコメント

サイコな若い女性で、デスノートを使い、人々を殺しまくるという役柄を、川栄さんには淡々と演じていただけました。デスノートで人を殺すと言っても、それは文字を書くという日常的な行為。しかし、その表情やムードでサイコな雰囲気を醸し、さらに川栄さんの真逆な見た目と性格が、一層それを際立たせました。本作の非常に大きな見所のシーンとなりました。

作品情報

『デスノート 2016』

2016年秋に公開

監督:佐藤信介
脚本:真野勝成
原作:大場つぐみ、小畑健『デスノート』(集英社)
出演:
東出昌大
池松壮亮
菅田将暉
川栄李奈
配給:ワーナー・ブラザース映画

青井さくら役の川栄李奈 ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
青井さくら役の川栄李奈 ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
左から竜崎役の池松壮亮、三島創役の東出昌大、紫苑優輝役の菅田将暉 ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
左から竜崎役の池松壮亮、三島創役の東出昌大、紫苑優輝役の菅田将暉 ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年