ニュース

丸ビル舞台のメディアアート宴『AMIT』、無料ライブや展示など多彩企画

アートイベント『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』が、2月28日に東京・丸の内の丸ビル・マルキューブで開催される。

『AMIT』は都市、テクノロジー、アートの関係と可能性を広げるための対話の場を提供し、新たなネットワーク構築を目指す入場無料イベント。国内外のメディアアートや国際展の関係者による展示やトーク、ワークショップ、ライブなどを開催する。

展示では、J.S.バッハによる同名作品に触発されて制作された石田尚志の抽象アニメーション『フーガの技法』や、超音波を当てることでシャボン膜に生き物や人の顔を映し出す落合陽一の『コロイドディスプレイ』、yang02+石毛健太によるライブドローイングインスタレーション『カーゴ・カルト』といった作品を紹介。

ライブには蓮沼執太が出演し、2月13日にソニーから発売されたグラスサウンドスピーカーを使ったパフォーマンス『丸の内アンビエント』を披露する。トークセッションには展示に参加する石田やyang02に加えて、『あいちトリエンナーレ2016』の芸術監督を務める港千尋、フランスのデジタルアートフェスティバル『Festival Scopitone』のディレクターであるセドリック・ユシェらが登壇。当日のタイムテーブルはオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』

2016年2月28日(日)
会場:東京都 丸の内 丸ビル 1F マルキューブ

時間:11:00~21:00
参加作家・登壇者:
石田尚志
落合陽一
加治洋紀
小林椋
四方幸子
関口敦仁
セドリック・ユシェ
田中浩也
萩原丈博
蓮沼執太
原淳之助
港千尋
料金:無料

『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』ロゴ
『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』ロゴ
『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』登壇者
『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』登壇者
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで