ニュース

丸ビル舞台のメディアアート宴『AMIT』、無料ライブや展示など多彩企画

アートイベント『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』が、2月28日に東京・丸の内の丸ビル・マルキューブで開催される。

『AMIT』は都市、テクノロジー、アートの関係と可能性を広げるための対話の場を提供し、新たなネットワーク構築を目指す入場無料イベント。国内外のメディアアートや国際展の関係者による展示やトーク、ワークショップ、ライブなどを開催する。

展示では、J.S.バッハによる同名作品に触発されて制作された石田尚志の抽象アニメーション『フーガの技法』や、超音波を当てることでシャボン膜に生き物や人の顔を映し出す落合陽一の『コロイドディスプレイ』、yang02+石毛健太によるライブドローイングインスタレーション『カーゴ・カルト』といった作品を紹介。

ライブには蓮沼執太が出演し、2月13日にソニーから発売されたグラスサウンドスピーカーを使ったパフォーマンス『丸の内アンビエント』を披露する。トークセッションには展示に参加する石田やyang02に加えて、『あいちトリエンナーレ2016』の芸術監督を務める港千尋、フランスのデジタルアートフェスティバル『Festival Scopitone』のディレクターであるセドリック・ユシェらが登壇。当日のタイムテーブルはオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』

2016年2月28日(日)
会場:東京都 丸の内 丸ビル 1F マルキューブ

時間:11:00~21:00
参加作家・登壇者:
石田尚志
落合陽一
加治洋紀
小林椋
四方幸子
関口敦仁
セドリック・ユシェ
田中浩也
萩原丈博
蓮沼執太
原淳之助
港千尋
料金:無料

『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』ロゴ
『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』ロゴ
『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』登壇者
『AMIT(Art, Media and I, Tokyo)2016』登壇者
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に