ニュース

アサヒ・アートスクエア閉館イベントに蓮沼フィル&毛利悠子、康本雅子ら

『BYE BYE BYE ASAHI ART SQUARE』メインビジュアル
『BYE BYE BYE ASAHI ART SQUARE』メインビジュアル

東京・浅草のアートスペース「アサヒ・アートスクエア」の閉館イベント『BYE BYE BYE ASAHI ART SQUARE』が、3月13日に同会場で開催される。

3月末をもって閉館するアサヒ・アートスクエア。『BYE BYE BYE ASAHI ART SQUARE』は同スペースにゆかりのある人々によるパフォーマンスイベントとなり、3部構成で行なわれる。

昼の部「BYE I」には蓮沼執太フィルが出演。アサヒ・アートスクエアで展示を行なってきた毛利悠子も参加し、アルバム『時が奏でる』の楽曲を披露する。夕方の部「BYE II」には川村亘平斎が率いる滞空時間の5人編成版と、チャーリー・ウィリアムスが登場。夜の部「BYE III」では芳垣安洋、岡部洋一、高良久美子とダンサー・康本雅子によるパフォーマンスが披露される。なお当日は各部で入れ替えが行なわれ、入場料は投げ銭制となる。

イベント情報

『BYE BYE BYE ASAHI ART SQUARE』

2016年3月13日(日)
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア

BYE I
2016年3月13日(日)OPEN 12:30 / START 13:00
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
出演:蓮沼執太フィル

BYE II
2016年3月13日(日)OPEN 16:00 / START 16:30
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
出演:
滞空時間5
チャーリー・ウィリアムス

BYE III
2016年3月13日(日)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
出演:芳垣安洋+岡部洋一+高良久美子+康本雅子

料金:各部 投げ銭制(ドリンク別)

蓮沼執太フィル
蓮沼執太フィル
康本雅子
康本雅子
芳垣安洋
芳垣安洋
滞空時間5
滞空時間5
チャーリー・ウィリアムス
チャーリー・ウィリアムス
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告