ロバート・モリスと菅木志雄の二人展、不確定性や空間への探求を対比

『ロバート・モリス&菅木志雄』展が、3月12日から東京・原宿のBLUM & POEで開催される。

工業素材を用いた作品を発表し、ミニマルアート、プロセスアート、アースワークなどの代表的な作家のひとりであるロバート・モリスと、自然物や人工物を空間の中に配置したインスタレーションを制作している「もの派」のアーティスト・菅木志雄。両者は共に1960年代以降のサイトスペシフィックインスタレーションの中心的存在として知られている。

同展では、モリスの1969年の作品『Lead and Felt』と、菅の1978年の作品『辺界』という2つのインスタレーションを同時に展示。両作は共に一度廃棄された後に再制作された作品となり、展示を通して2人による素材、偶然性、不確定性、空間といった要素への探求を対比するという。なお、モリスの展覧会が日本で開催されるのは約20年ぶりとなるという。

また、3月12日にはオープニングレセプションも開催される。詳細はBLUM & POEのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『ロバート・モリス&菅木志雄』

2016年3月12日(土)~5月7日(土)
会場:東京都 原宿 BLUM & POE

時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • ロバート・モリスと菅木志雄の二人展、不確定性や空間への探求を対比

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて