劇団子供鉅人の新作公演『真夜中の虹』、ファンタジーを関西弁で描く

劇団子供鉅人の新作公演『真夜中の虹』が、4月28日から大阪・梅田のHEPHALL、5月9日から東京・下北沢の駅前劇場で上演される。

2005年に益山貴司と益山寛司の兄弟を中心に大阪で結成された劇団子供鉅人。国内外や屋内外を問わず、音楽劇や会話劇など様々な作品を発表している。結成10周年を迎えた昨年は、「愛の不毛と救済三部作」と題した『組みしだかれてツインテール』『真昼のジョージ』『重力の光』を上演した。

益山貴司が作・演出を手掛ける『真夜中の虹』は、東へと向かう高速道路のすぐ傍にある、西の地方都市を舞台にした作品。地方都市で暮らす「ドロシー」たちの前に、「東の魔女」が現れるというストーリーを、関西弁を用いて叙情的に描く。

東京公演の最終日となる5月15日の公演終了後には、音楽を担当するトンチのライブを開催。ステッカーなどの特典が付いたチケット先行販売は3月4日からスタートする。

イベント情報

劇団子供鉅人
『真夜中の虹』

作・演出:益山貴司
音楽:トンチ
出演:
益山寛司
キキ花香
影山徹
億なつき
ミネユキ
山西竜矢
益山U☆G
古野陽大
益山貴司

大阪公演
2016年4月28日(木)~5月1日(日)全6公演
会場:大阪府 梅田 HEPHALL

東京公演
2016年5月9日(月)~5月15日(日)全8公演
会場:東京都 下北沢 駅前劇場

料金:各公演 前売3,500円 当日3,800円 学生2,000円 高校生以下1,000円

  • HOME
  • Stage
  • 劇団子供鉅人の新作公演『真夜中の虹』、ファンタジーを関西弁で描く

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて