KERA×古田新太の舞台『ヒトラー、最後の20000年』、ビジュアル公開

ケラリーノ・サンドロヴィッチと古田新太による新作舞台のタイトルが発表。あわせてビジュアルと東京公演の詳細が発表された。

発表された公演のタイトルは『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』。2007年の『犯さん哉』、2011年の『奥様お尻をどうぞ』に続くケラリーノ・サンドロヴィッチと古田新太のコラボレーション企画の第3弾となり、古田のほか、成海璃子、賀来賢人、大倉孝二、入江雅人、八十田勇一、犬山イヌコ、山西惇が出演する。

東京公演は7月24日から8月21日まで東京・下北沢の本多劇場で上演。チケットのcubit club先行予約は3月18日12:00からスタートする。一般発売日は5月21日。東京公演後は北九州公演、大阪公演、新潟公演も行なわれる。

イベント情報

『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:
古田新太
成海璃子
賀来賢人
大倉孝二
入江雅人
八十田勇一
犬山イヌコ
山西惇

東京公演
2016年7月24日(日)~8月21日(日)全33公演
会場:東京都 下北沢 本多劇場
料金:一般7,400円 学生割引券3,800円
※学生割引券はチケットぴあのみ取り扱い

北九州公演
2016年8月27日(土)、8月28日(日)
会場:福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

大阪公演
2016年9月1日(木)~9月4日(日)
会場:大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

新潟公演
2016年9月10日(土)、9月11日(日)
会場:新潟県 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場

  • HOME
  • Stage
  • KERA×古田新太の舞台『ヒトラー、最後の20000年』、ビジュアル公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて