ニュース

台湾ニューシネマ特集にE・ヤン作など23本、黒沢清ら出演の記録映画も

『台湾新電影時代』(監督:シエ・チンリン)
『台湾新電影時代』(監督:シエ・チンリン)

特集上映『台湾巨匠傑作選2016 世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界』が、4月30日から東京・新宿のK's cinemaで開催される。

同イベントは、2014年夏に開催された特集上映『台湾巨匠傑作選』の第2弾。1980年代から展開された台湾映画の新たな潮流「台湾ニューシネマ」にフォーカスし、台湾ニューシネマの誕生から現在までの約30年間に発表された作品を中心に全23作を上映する。

上映作品には、『悲情城市』『珈琲時光』『黒衣の刺客』などホウ・シャオシェン監督作7本、『恐怖分子』『ヤンヤン 夏の想い出』などエドワード・ヤン監督作3本、『愛情萬歳』を含むツァイ・ミンリャン監督作4本に加え、アン・リーの監督作や、永瀬正敏の主演映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』、是枝裕和監督によるホウ・シャオシェンとエドワード・ヤンのドキュメンタリー『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』などがラインナップしている。

さらに、シエ・チンリン監督の新作『台湾新電影時代』を特別上映。同作は各国の俳優や監督へのインタビューを通して、台湾ニューシネマを浮き彫りにするドキュメンタリーとなり、出演者にはホウ・シャオシェン、ツァイ・ミンリャン、ジャ・ジャンクー、黒沢清、是枝裕和、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ワン・ビンらが名を連ねている。

なお『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』は、他作品のチケット半券を持参すると無料で鑑賞できる。各作品の上映スケジュールはK's cinemaのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『台湾巨匠傑作選2016 世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界』

2016年4月30日(土)~6月10日(金)
会場:東京都 新宿 K's cinema

上映作品:
『台湾新電影時代』(監督:シエ・チンリン)
『坊やの人形』(監督:ホウ・シャオシェン)
『風櫃の少年』(監督:ホウ・シャオシェン)
『童年往事 時の流れ』(監督:ホウ・シャオシェン)
『悲情城市』(監督:ホウ・シャオシェン)
『憂鬱な楽園』(監督:ホウ・シャオシェン)
『珈琲時光』(監督:ホウ・シャオシェン)
『黒衣の刺客』(監督:ホウ・シャオシェン)
『光陰的故事』(監督:エドワード・ヤン)
『恐怖分子』(監督:エドワード・ヤン)
『ヤンヤン 夏の想い出』(監督:エドワード・ヤン)
『青春神話』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『愛情萬歳』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『河』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『郊遊<ピクニック>』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『推手』(監督:アン・リー)
『ウェディング・バンケット』(監督:アン・リー)
『恋人たちの食卓』(監督:アン・リー)
『海角七号/君想う、国境の南』(監督:ウェイ・ダーション)
『セデック・バレ<第一部・太陽旗 第二部・虹の橋>』(監督:ウェイ・ダーション)
『セデック・バレの真実』(監督:タン・シャンジュー)
『KANO~1931海の向こうの甲子園~』(監督:マー・ジーシアン)
『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』(監督:是枝裕和)

『悲情城市』(監督:ホウ・シャオシェン)
『悲情城市』(監督:ホウ・シャオシェン)
『珈琲時光』(監督:ホウ・シャオシェン) ©2003 松竹株式会社/朝日新聞社/住友商事/衛星劇場/IMAGICA
『珈琲時光』(監督:ホウ・シャオシェン) ©2003 松竹株式会社/朝日新聞社/住友商事/衛星劇場/IMAGICA
『黒衣の刺客』(監督:ホウ・シャオシェン)
『黒衣の刺客』(監督:ホウ・シャオシェン)
『恐怖分子』(監督:エドワード・ヤン)
『恐怖分子』(監督:エドワード・ヤン)
『ヤンヤン 夏の想い出』(監督:エドワード・ヤン) ©1+2 Seisaku Iinkai
『ヤンヤン 夏の想い出』(監督:エドワード・ヤン) ©1+2 Seisaku Iinkai
『愛情萬歳』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『愛情萬歳』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』(監督:是枝裕和)
『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』(監督:是枝裕和)
画像を拡大する(23枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)