安部公房の小説をもとに「写真の拡張」試行、写真家3人の合同展

写真展『安部公房へのオマージュ/写真とヴォイアリズム』が、3月12日から東京・東雲のG/P gallery Shinonomeで開催される。

同展は、3人の写真家・横田大輔、川島崇志、赤石隆明が「写真の拡張」をテーマに、2012年から開催している実験的な合同展『漂流』の3回目。毎回ゲストアーティストを招いており、今回は回転や振動で発生する残像を用いて錯覚を生み出す立体作品や、「場」を虚像としての空間へ移行させるインスタレーションなどを制作する小宮太郎が参加する。

『安部公房へのオマージュ/写真とヴォイアリズム』では、安部公房の小説からインスピレーションを得て、各作家それぞれが「写真の拡張」を試みるという。

イベント情報

漂流III
横田大輔+川島崇志+赤石隆明 feat.小宮太郎
『安部公房へのオマージュ/写真とヴォイアリズム』

2016年3月12日(土)~5月7日(土)
会場:東京都 東雲 G/P gallery Shinonome

時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 安部公房の小説をもとに「写真の拡張」試行、写真家3人の合同展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて