ニュース

風間俊介が宇宙人と恋、鴻上尚史作・演出『イントレランスの祭』

KOKAMI@networkの新作『イントレランスの祭』が、4月9日から東京・新宿の全労済ホール/スペース・ゼロ、4月22日から大阪・シアターBRAVA!、4月30日から東京・大手町のよみうり大手町ホールで上演される。

KOKAMI@networkは作家・演出家の鴻上尚史が、様々な俳優と演劇作品を作り上げるユニット。

2012年に鴻上が率いる「虚構の劇団」によって上演された『イントレランスの祭』は、580万人の宇宙人が難民として地球に逃げ込み、25万人の宇宙人を受け入れた日本が舞台の作品。売れないアーティストの佐渡健吾が、ある日恋人から自分は宇宙人だと告白されるというあらすじだ。

今回の出演者には、健吾役を演じる風間俊介をはじめ、岡本玲、久ヶ沢徹、早織、福田転球、藤田記子、三上陽永、田村健太郎、大高洋夫が名を連ねている。チケットの一般発売は3月12日10:00からスタートする。

鴻上尚史のコメント

どんどん、世の中がギスギスしていくような感じがあります。自分自身も余裕がなくなっていく気持ちになります。電車が駅に着いても、動かないままドア付近で他の乗客をブロックしている人を見ると、無意識に苛立っている自分を発見します。どんどん、世の中が「不寛容」になっていると感じます。そんな時、一冊の本『ネットと愛国』(講談社文庫 安田浩一著)に刺激を受けて、作品を書き上げました。2012年、『虚構の劇団』の第8回公演となりました。4年たって、時代はますます、不寛容になっていると感じます。それは、他人事ではなく、自分自身の問題でもあります。
どうして不寛容になってしまうのか。どうして差別してしまうのか。どうして憎むのか。どうして愛するのか。人間の心の動きと世の中の動きを、深刻にではなく面白く、重くではなく軽やかに、悲しくではなく笑える形で追及し、描きたいと思います。 どうしようもない差別をするのも人間なら、その差別に怒り、戦うのも人間で、その人間の絶望と希望が表現できればいいなと思うのです。
今回、じつに魅力的なキャストに出演してもらうことができました。風間俊介さんは『ベター・ハーフ』でその上手さに唸りました。岡本玲さんは抜群の実力のある若手女優です。早織さんはチャーミングで、期待の若手達と共に、頼もしいベテランの方々の演技が楽しみです。『第三舞台』の作品を、『虚構の劇団』で上演したことはありましたが、『虚構の劇団』の作品を鴻上ネットワークで上演するのは初めての試みです。まったく新しい『イントレランスの祭』になると確信しています。ご期待下さい。

イベント情報

KOKAMI@network vol.14
『イントレランスの祭』

作・演出:鴻上尚史
音楽:河野丈洋
出演:
風間俊介
岡本玲
久ヶ沢徹
早織
福田転球
藤田記子
三上陽永
田村健太郎
大高洋夫

東京公演
2016年4月9日(土)~4月17日(日)全10公演
会場:東京都 新宿 全労済ホール/スペース・ゼロ

大阪公演
2016年4月22日(金)~4月24日(日)全3公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!

東京凱旋公演
2016年4月29日(金・祝)~5月6日(金)全9公演
会場:東京都 大手町 よみうり大手町ホール

料金:各公演7,800円 U-25チケット4,300円

KOKAMI@network vol.14『イントレランスの祭』ビジュアル
KOKAMI@network vol.14『イントレランスの祭』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと