ニュース

風間俊介が宇宙人と恋、鴻上尚史作・演出『イントレランスの祭』

KOKAMI@networkの新作『イントレランスの祭』が、4月9日から東京・新宿の全労済ホール/スペース・ゼロ、4月22日から大阪・シアターBRAVA!、4月30日から東京・大手町のよみうり大手町ホールで上演される。

KOKAMI@networkは作家・演出家の鴻上尚史が、様々な俳優と演劇作品を作り上げるユニット。

2012年に鴻上が率いる「虚構の劇団」によって上演された『イントレランスの祭』は、580万人の宇宙人が難民として地球に逃げ込み、25万人の宇宙人を受け入れた日本が舞台の作品。売れないアーティストの佐渡健吾が、ある日恋人から自分は宇宙人だと告白されるというあらすじだ。

今回の出演者には、健吾役を演じる風間俊介をはじめ、岡本玲、久ヶ沢徹、早織、福田転球、藤田記子、三上陽永、田村健太郎、大高洋夫が名を連ねている。チケットの一般発売は3月12日10:00からスタートする。

鴻上尚史のコメント

どんどん、世の中がギスギスしていくような感じがあります。自分自身も余裕がなくなっていく気持ちになります。電車が駅に着いても、動かないままドア付近で他の乗客をブロックしている人を見ると、無意識に苛立っている自分を発見します。どんどん、世の中が「不寛容」になっていると感じます。そんな時、一冊の本『ネットと愛国』(講談社文庫 安田浩一著)に刺激を受けて、作品を書き上げました。2012年、『虚構の劇団』の第8回公演となりました。4年たって、時代はますます、不寛容になっていると感じます。それは、他人事ではなく、自分自身の問題でもあります。
どうして不寛容になってしまうのか。どうして差別してしまうのか。どうして憎むのか。どうして愛するのか。人間の心の動きと世の中の動きを、深刻にではなく面白く、重くではなく軽やかに、悲しくではなく笑える形で追及し、描きたいと思います。 どうしようもない差別をするのも人間なら、その差別に怒り、戦うのも人間で、その人間の絶望と希望が表現できればいいなと思うのです。
今回、じつに魅力的なキャストに出演してもらうことができました。風間俊介さんは『ベター・ハーフ』でその上手さに唸りました。岡本玲さんは抜群の実力のある若手女優です。早織さんはチャーミングで、期待の若手達と共に、頼もしいベテランの方々の演技が楽しみです。『第三舞台』の作品を、『虚構の劇団』で上演したことはありましたが、『虚構の劇団』の作品を鴻上ネットワークで上演するのは初めての試みです。まったく新しい『イントレランスの祭』になると確信しています。ご期待下さい。

イベント情報

KOKAMI@network vol.14
『イントレランスの祭』

作・演出:鴻上尚史
音楽:河野丈洋
出演:
風間俊介
岡本玲
久ヶ沢徹
早織
福田転球
藤田記子
三上陽永
田村健太郎
大高洋夫

東京公演
2016年4月9日(土)~4月17日(日)全10公演
会場:東京都 新宿 全労済ホール/スペース・ゼロ

大阪公演
2016年4月22日(金)~4月24日(日)全3公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!

東京凱旋公演
2016年4月29日(金・祝)~5月6日(金)全9公演
会場:東京都 大手町 よみうり大手町ホール

料金:各公演7,800円 U-25チケット4,300円

KOKAMI@network vol.14『イントレランスの祭』ビジュアル
KOKAMI@network vol.14『イントレランスの祭』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催