國府理『オマージュ「相対温室」』展、作品点検中に命を落とした美術家

國府理展『オマージュ「相対温室」』が、5月9日まで東京・東陽町のGallery A4で開催されている。

1970年生まれの國府理は、自動車や自転車、パラボラアンテナなどの動きを伴う工業製品を用いて作品を制作したアーティスト。作品の中に草木を植えたり、水や水蒸気といった「自然」を取り込み、人口と自然の共存を前提とした関係性を作品の軸としてきた。2014年4月29日に青森・青森公立大学国際芸術センター青森で開催された『國府理展 相対温室』において、展示作品の点検中の事故により44歳で逝去した。

國府の3回忌にあたる今年に開催する『オマージュ「相対温室」』では、国際芸術センター青森で展示されていた作品『相対温室』などを可能な限り忠実に再現したほか、ドローイングや映像も展示。國府が辿ってきた道のりを回顧し、作品の背景にある思想や制作意図を探る。なお関連イベントとして、4月8日にヤノベケンジ、椹木野衣、豊永政史によるシンポジウムが東京・東陽町の竹中工務店東京本店で開催される。

イベント情報

國府理展
『オマージュ「相対温室」』

2016年3月7日(月)~5月9日(月)
会場:東京都 東陽町 Gallery A4

時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)
休館日:土、日曜、祝日、5月6日
料金:無料

シンポジウム
2016年4月8日(金)18:30~20:00
会場:東京都 東陽町 竹中工務店東京本店 2階 Aホール
講師:
ヤノベケンジ
椹木野衣
豊永政史
定員:先着100名(要事前申込)

  • HOME
  • Art,Design
  • 國府理『オマージュ「相対温室」』展、作品点検中に命を落とした美術家

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて