ニュース

河瀬直美監督が『カンヌ国際映画祭』短編&学生コンペ部門の審査員長に

河瀬直美
河瀬直美

河瀬直美監督が『第69回カンヌ国際映画祭』の短編映像部門および学生作品のコンペティション部門であるシネフォンダンシオン部門で審査員長を務めることが発表された。

河瀬は1997年に公開された『萌の朱雀』で同映画祭の新人監督賞にあたるカメラドールを史上最年少となる27歳で受賞。2007年公開の『殯の森』ではグランプリに輝いたほか、2013年には長編コンペティション部門の審査員を務めた。また昨年に『フランス芸術文化勲章』を受章している。

日本人が同映画祭の短編映像部門およびシネフォンダンシオン部門で審査員長を務めるのは今回が初めて。河瀬は審査員長就任の発表に際して「短編作品は、僅かな時間で物語を伝えるという意味において非常に難しいエクササイズではないでしょうか?同時にまだ見えない可能性を多々秘めています。私たちが観賞する学生たちの作品の中には輝くような発見があるでしょう。審査員団とこの役割を果たすことが待ちきれません。これは素晴らしい冒険となるでしょう」とのコメントを寄せている。

なお同映画祭の短編部門およびシネフォンダンシオン部門の審査員長は、過去にマーティン・スコセッシ、アッバス・キアロスタミ、ホウ・シャオシェンらが務めている。『第69回カンヌ国際映画祭』は5月11日から22日まで開催される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと