森万里子の個展『サイクロイド』、新作や宇宙論にもとづいた彫刻も

森万里子の個展『サイクロイド』が、4月23日まで東京・谷中のSCAI THE BATHHOUSEで開催されている。

1990年代半ばから国際的に注目され、1997年には『第47回ヴェネチア・ビエンナーレ』優秀賞を受賞した森万里子。2007年から大規模な回顧展が行なわれており、これまでにヨーロッパを皮切りにブラジルの3都市、ロンドン、ニューヨーク、オーストラリアを巡回している。

『サイクロイド』展では、最新の『Cycloid』シリーズの作品を中心に展示。サイクロイドは、円が一定の規則で回転する際に描く軌跡の総称で、パールのように輝く塗料で覆われた同作は、複雑な造形が絡み合うアルミニウム製の彫刻作品になっている。さらにエキピロティック宇宙論、ブレーン宇宙論といった宇宙論の解釈に基づいて制作された、メビウスの輪のような形状を持つ彫刻や、森が沖縄の海を見ながら描いたドローイングをもとにしたフォトペインティングなども展示される。

イベント情報

森万里子
『サイクロイド』

2016年3月11日(金)~4月23日(土)
会場:東京都 谷中 SCAI THE BATHHOUSE

時間:12:00~18:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 森万里子の個展『サイクロイド』、新作や宇宙論にもとづいた彫刻も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて