ニュース

内村光良&知念侑李のW主演作『金メダル男』が小説化、読売新聞に連載

五月女ケイ子による『金メダル男』イラスト ©「金メダル男」製作委員会
五月女ケイ子による『金メダル男』イラスト ©「金メダル男」製作委員会

内村光良の長編小説『金メダル男』が、4月4日から読売新聞の夕刊で連載されることがわかった。

『金メダル男』は2011年に上演された内村の一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をもとにした作品で、知念侑李(Hey! Say! JUMP)と内村が主演を務める映画版が10月22日から公開される。

小説版は映画の原作として執筆され、6月下旬まで60回にわたって掲載される予定。挿絵は五月女ケイ子が担当する。また連載をまとめた文庫本が6月25日に中央公論新社から刊行される。

内村光良のコメント

この小説執筆のお話をいただいたとき、とても驚きました。日々多くの方々の手に届く新聞に、自分の文章が毎日載るなんて、夢にも思いませんでした。原稿の執筆は2015年夏から半年以上かけ、試行錯誤を繰り返しながら今なお進めています。執筆時間の確保が一番大変で、セミの声をききながら時間が足りなくて気が狂うかと思ったこともありました。
本作は、映画の脚本作りや撮影、編集と同時並行して書き進めていくという、通常にはない新しい試みにもなりました。映画のワンシーンをヒントに小説では、少し違った世界を描いたり、その逆もあったりで、相乗効果があったように思います。
主人公と同世代の人には懐かしく、若い世代の人には新しいエンタメストーリーとして楽しんでもらえたら嬉しいです。

作品情報

『金メダル男』

2016年10月22日(土)から全国公開

監督・脚本・原作:内村光良
出演:
内村光良
知念侑李(Hey! Say! JUMP)
木村多江
ムロツヨシ
土屋太鳳
平泉成
宮崎美子
笑福亭鶴瓶
大西利空
大泉洋
上白石萌歌
大友花恋
ささの友間
音尾琢真
清野菜名
竹中直人
田中直樹
長澤まさみ
加藤諒
柄本時生
山崎紘菜
森川葵
ユースケ・サンタマリア
マキタスポーツ
手塚とおる
高嶋政宏
温水洋一
配給:ショウゲート

『金メダル男』キービジュアル ©「金メダル男」製作委員会
『金メダル男』キービジュアル ©「金メダル男」製作委員会
内村光良
内村光良
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで