村上虹郎とMummy-Dがラップで語る父子役、文科省のウェブムービー

文部科学省によるウェブムービー『Dear Father』が本日4月7日に公開された。

同作は、学生の海外留学を促進するキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の一環で制作。町工場を継ぐため、ニューヨークに留学して建築家になるという夢を我慢し、一度は地元の工業大学に進学することを決めた高校生のケンジと、息子の想いと向き合う父親が、お互いの本音をアカペラのラップでぶつけあう様子を描いた作品だ。

親子役を演じるのは、村上虹郎とMummy-D(RHYMESTER)。リリックはMummy-Dが担当している。村上は撮影について「今回初めてラップに挑戦したのですが、いざやってみるととても楽しかったです。音感はいい自信があるのですが、はじめは特有のリズムに慣れず、練習に燃えました。撮影が終わった今でも、思わず道で口ずさんでいます」と明かしている。

一方のMummy-Dは「親子が『ラップ』という形式を取って互いの本音をやり取りし合うというシナリオを見せていただき、ラップを本職とする身として、これは絶対カッコイイものになる、いや、しないとマズイと思い、一念発起しました」とコメントしている。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 村上虹郎とMummy-Dがラップで語る父子役、文科省のウェブムービー

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて