ニュース

京都の国際写真祭『KYOTOGRAPHIE』、寺院や町家で国内外の作品展示

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』が、4月23日から京都市内の各会場で開催される。

普段は非公開の町家や寺院などの歴史的建造物や近現代建築を会場に選び、国内外の作家の写真作品やコレクションを展示する『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』。4回目となる今回は「Circle of Life いのちの環」をテーマに、15会場で14の展覧会を行なう。

会期中は、サラ・ムーンがフランス国立自然史博物館所蔵の植物標本や動物の剥製をモチーフに制作した作品群を日本初公開するほか、プランクトンを顕微鏡カメラで撮影するクリスチャン・サルデによる作品を、坂本龍一の音楽と共に高谷史郎のインスタレーションによって展示する『PLANKTON 漂流する生命の起源』を紹介。さらに、『Vogue』『Vanity Fair』などの雑誌を通じて100年以上にわたってファッション写真を発表してきたコンデナスト社のアーカイブから、エドワード・スタイケン、ジョン・ローリングス、ウィリアム・クライン、ヘルムート・ニュートンらの作品が一堂に展示される。

また今回は、屋外イベント『Sustaina-village by KYOTOGRAPHIE』が初開催。テーマの「Circle of Life いのちの環」にちなみ、サステイナブルな社会のあり方を提案するようなマルシェやワークショップが開かれるほか、夜は巨大スクリーンを使った上映会やライブが行なわれる。展覧会の詳細や会場についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』

2016年4月23日(土)~5月22日(日)
会場:京都府 虎屋京都ギャラリー、ギャラリー素形、招喜庵、堀川御池ギャラリー、立命館大学国際平和ミュージアム、誉田屋源兵衛 黒蔵、無名舎、長江家住宅、京都市美術館別館、ロームシアター京都、SferaExhibition、ASPHODEL、建仁寺 両足院、村上重ビル

参加作家:
サラ・ムーン
クリスチャン・サルデ
高谷史郎
坂本龍一
アルノ・ラファエル・ミンキネン
クリス・ジョーダン+ヨーガン・レール
古賀絵里子
マグナム・フォト
福島菊次郎
銭海峰
アントニー・ケーンズ
ティエリー・ブエット
アーウィン・オラフ
K-NARF
ほか

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』ポスタービジュアル クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキOceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project, Christian Sardet, A Oceania armata jellyfish, 2012 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project
『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』ポスタービジュアル クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキOceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project, Christian Sardet, A Oceania armata jellyfish, 2012 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project
サラ・ムーン『最後からふたつめの芍薬』2011年 ©Sarah Moon
サラ・ムーン『最後からふたつめの芍薬』2011年 ©Sarah Moon
サラ・ムーン『ナキサイチョウ』2013年 ©Sarah Moon
サラ・ムーン『ナキサイチョウ』2013年 ©Sarah Moon
クリスチャン・サルデ『放散虫、スポンゴディスクス属のSpongodiscus biconcavus』2015年 ©Christian Sardet and The Macronauts for KYOTOGRAPHIE / Plankton Chronicles Project
クリスチャン・サルデ『放散虫、スポンゴディスクス属のSpongodiscus biconcavus』2015年 ©Christian Sardet and The Macronauts for KYOTOGRAPHIE / Plankton Chronicles Project
クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキ Oceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet and The Macronauts / Plankton Chronicles Project
クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキ Oceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet and The Macronauts / Plankton Chronicles Project
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い