ニュース

京都の国際写真祭『KYOTOGRAPHIE』、寺院や町家で国内外の作品展示

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』が、4月23日から京都市内の各会場で開催される。

普段は非公開の町家や寺院などの歴史的建造物や近現代建築を会場に選び、国内外の作家の写真作品やコレクションを展示する『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』。4回目となる今回は「Circle of Life いのちの環」をテーマに、15会場で14の展覧会を行なう。

会期中は、サラ・ムーンがフランス国立自然史博物館所蔵の植物標本や動物の剥製をモチーフに制作した作品群を日本初公開するほか、プランクトンを顕微鏡カメラで撮影するクリスチャン・サルデによる作品を、坂本龍一の音楽と共に高谷史郎のインスタレーションによって展示する『PLANKTON 漂流する生命の起源』を紹介。さらに、『Vogue』『Vanity Fair』などの雑誌を通じて100年以上にわたってファッション写真を発表してきたコンデナスト社のアーカイブから、エドワード・スタイケン、ジョン・ローリングス、ウィリアム・クライン、ヘルムート・ニュートンらの作品が一堂に展示される。

また今回は、屋外イベント『Sustaina-village by KYOTOGRAPHIE』が初開催。テーマの「Circle of Life いのちの環」にちなみ、サステイナブルな社会のあり方を提案するようなマルシェやワークショップが開かれるほか、夜は巨大スクリーンを使った上映会やライブが行なわれる。展覧会の詳細や会場についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』

2016年4月23日(土)~5月22日(日)
会場:京都府 虎屋京都ギャラリー、ギャラリー素形、招喜庵、堀川御池ギャラリー、立命館大学国際平和ミュージアム、誉田屋源兵衛 黒蔵、無名舎、長江家住宅、京都市美術館別館、ロームシアター京都、SferaExhibition、ASPHODEL、建仁寺 両足院、村上重ビル

参加作家:
サラ・ムーン
クリスチャン・サルデ
高谷史郎
坂本龍一
アルノ・ラファエル・ミンキネン
クリス・ジョーダン+ヨーガン・レール
古賀絵里子
マグナム・フォト
福島菊次郎
銭海峰
アントニー・ケーンズ
ティエリー・ブエット
アーウィン・オラフ
K-NARF
ほか

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』ポスタービジュアル クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキOceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project, Christian Sardet, A Oceania armata jellyfish, 2012 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project
『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016』ポスタービジュアル クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキOceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project, Christian Sardet, A Oceania armata jellyfish, 2012 ©Christian Sardet / Plankton Chronicles Project
サラ・ムーン『最後からふたつめの芍薬』2011年 ©Sarah Moon
サラ・ムーン『最後からふたつめの芍薬』2011年 ©Sarah Moon
サラ・ムーン『ナキサイチョウ』2013年 ©Sarah Moon
サラ・ムーン『ナキサイチョウ』2013年 ©Sarah Moon
クリスチャン・サルデ『放散虫、スポンゴディスクス属のSpongodiscus biconcavus』2015年 ©Christian Sardet and The Macronauts for KYOTOGRAPHIE / Plankton Chronicles Project
クリスチャン・サルデ『放散虫、スポンゴディスクス属のSpongodiscus biconcavus』2015年 ©Christian Sardet and The Macronauts for KYOTOGRAPHIE / Plankton Chronicles Project
クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキ Oceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet and The Macronauts / Plankton Chronicles Project
クリスチャン・サルデ『ベニクラゲモドキ Oceania armata』不老不死といわれるプランクトン、2012年 ©Christian Sardet and The Macronauts / Plankton Chronicles Project
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」