ニュース

『複製技術と美術家たち』展に約400点、ベンヤミンが言及した作品群も

アンリ・マティス『サーカス』(詩画集『ジャズ』より)1947年 富士ゼロックス版画コレクション
アンリ・マティス『サーカス』(詩画集『ジャズ』より)1947年 富士ゼロックス版画コレクション

企画展『複製技術と美術家たち―ピカソからウォーホールまで』が、4月23日から神奈川・横浜美術館で開催される。

20世紀の美術史を「複製技術」の視点から捉え直す同展。写真技術や映像などの複製技術が高度に発達・普及した時代において、欧米のアーティストたちがどのようなビジョンをもって制作に取り組んでいたのかを検証する。

会場では、約950点を擁する富士ゼロックス版画コレクションから約300点と、横浜美術館所蔵の100点をあわせた約400点の作品を展示。さらに評論『複製技術時代の芸術作品』を発表したヴァルター・ベンヤミンに注目し、パウル・クレー、ジョルジュ・ブラック、マックス・エルンスト、モホイ=ナジ・ラースロー、マルセル・デュシャンらの作品や、シュルレアリスムの詩人ポール・エリュアールがマン・レイと共作した詩画集など、ベンヤミンが著作で言及した作品が紹介される。

イベント情報

『複製技術と美術家たち―ピカソからウォーホールまで』

2016年4月23日(土)~6月5日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館

時間:10:00~18:00(5月27日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜(ただし5月5日は開館)、5月6日
料金:一般1,300円 大学・高校生700円 65歳以上1,200円
※小学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
※毎週土曜日は高校生以下無料
※5月5日は観覧無料

パウル・クレー『ホフマン的な場面』1921年 富士ゼロックス版画コレクション
パウル・クレー『ホフマン的な場面』1921年 富士ゼロックス版画コレクション
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開