温泉街の芸術祭『道後アート2016』、メインアーティストは山口晃

アートフェスティバル『「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016』が、4月29日から愛媛・松山の道後温泉および周辺エリアで開催される。

道後温泉では、本館改築120周年を記念して2014年にアートイベント『道後オンセナート2014』を開催。昨年は蜷川実花をメインアーティストに迎え、『蜷川実花×道後温泉 道後アート2015』を行なった。

『「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016』は、道後温泉を中心としたアートフェスティバルの3回目。これまでと同じく「アートにのぼせろ」をコンセプトに据え、メインアーティストに画家の山口晃を迎える。山口は「よそもの」視点で、絵画や建築的手法、インスタレーションなどを用いて日常と空想が混在するような感覚をもたらす作品を発表するという。

4月29日の第1弾オープンでは、道後温泉本館のインスタレーションに加え、各旅館、ホテルロビーでの展示や商店街での作品発表などを随時予定。第2弾オープンは7月、第3弾オープンは9月に予定されており、展示作品は会期中に増える予定だ。さらに、『蜷川実花×道後温泉 道後アート2015』からの継続作品も8月31日まで展示される。

山口晃のコメント

こっそりお役を務めたかったのですが、大事(おおごと)になってビックリしています。基本楽しくて、ちょっとだけ困るものを作れたらと思います。ほどほどお楽しみに。…で済ませようとしたら、あと2・3行書くように言われました。困ります。色々喋ると後が大変なんですから。今のところ、電柱の様な物を建ててみようと云う話が出ています。楽しくなるとよいのですが…。

イベント情報

『「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016』

2016年4月29日(金・祝)~2017年2月28日(火)
会場:愛媛県 松山 道後温泉および周辺エリア

  • HOME
  • Art,Design
  • 温泉街の芸術祭『道後アート2016』、メインアーティストは山口晃

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて