ニュース

ZOZOTOWN創業者・前澤友作がバスキア作品を62億円で落札、美術館構想も

前澤友作と落札されたジャン=ミシェル・バスキア『Untitled』 オークションプレビュー会場にて
前澤友作と落札されたジャン=ミシェル・バスキア『Untitled』 オークションプレビュー会場にて

ZOZOTOWNの運営などを行なう株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作が、ジャン=ミシェル・バスキアの作品『Untitled』を約62.4億円で落札したことが判明。あわせて前澤が美術館の建設を構想していることが明らかになった。

公益財団法人現代芸術振興財団の会長を務め、現代アートコレクターとしても知られる前澤。5月10日にニューヨークで開催されたクリスティーズイブニングオークションセールで、個人所有としてバスキアの『Untitled』を落札したほか、ブルース・ナウマン『EAT WAR』、アレクサンダー・カルダー『SUMAC 17』、リチャード・プリンス『RUNAWAY NURSE』、ジェフ・クーンズ『LOBSTER』の計5作品を落札し、自身のコレクションに追加した。

前澤は今後数年の内に故郷の千葉市内に私設美術館の設立を予定。そのための作品集めを約10年前から行なってきたという。なお公益財団法人現代芸術振興財団は、前澤の現代アートコレクションを公開する展覧会を年に2回開催しており、今回落札されたバスキアの作品も今後の展覧会で展示される予定だ。

前澤友作のコメント

1982年当時22歳だった彼の想いや技法が詰め込まれたこの作品に、クリスティーズのプレビュー会場で出会った時、全身に鳥肌が立ちました。作品のコンディションや投資を念頭に置いたリセールバリュー云々ではなく、彼のカルチャーや生き様を理解して、後世にこの作品を受け継いでいくという重要な責任があると思っています。この作品は1985年に行われたバスキア初の日本での展覧会で展示されたこともあり、日本にとって歴史的な意味を持つ作品です。このような素晴らしい作品に出会えたことを心から嬉しく、また誇らしく思います。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年