ニュース

小日向文世&秋山菜津子&安田顕&小島聖、舞台『DISGRACED』新画像

舞台『DISGRACED/ディスグレイスト -恥辱-』のビジュアルが公開された。

9月10日から東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで上演される同公演は、2013年の『ピュリッツァー賞』戯曲部門を受賞し、昨年には『トニー賞』にノミネートされたアヤド・アフタルによる劇曲の日本初演。現代のアメリカを舞台に、パキスタン系アメリカ人の男と白人の妻、ユダヤ人の男とアフリカ系アメリカ人の妻の4人がホームパーティーに集い、それぞれの信仰や政治について会話を交わす中であらわになっていく「人間の本質」が描かれる。演出は栗山民也が担当。

公開されたのは、優秀な弁護士でパキスタン系アメリカ人のアミールを演じる小日向文世、アミールの妻で白人の画家エミリー役の秋山菜津子、エミリーを援助するユダヤ人の画商・アイザック役の安田顕、アイザックの妻でアミールの同僚でもある黒人の弁護士・ジョリー役の小島聖を写したビジュアル。

なお同公演は9月27日に愛知・名古屋の日本特殊陶業市民会館ビレッジホール、9月30日から兵庫・西宮の兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールでも上演。各公演のチケット一般発売は6月26日10:00からスタートする。

小日向文世のコメント

現代アメリカの人種・宗教問題をテーマにした作品です。それを日本人の俳優たちがどう演じるか、非常に大きな壁が立ち塞がっている気がします。緊張していますし、非常に困難な作品になると思いますが、演出の栗山民也さんにどう料理していただけるか期待もしています。非常に濃密な舞台になると思います。

秋山菜津子のコメント

ピューリッツァー賞を受賞された、素晴らしい作品を演じることはプレッシャーでもあります。
民族的なこと、社会的背景が鋭く浮き彫りになっている作品なので演じるのは難しいですが、素晴らしい共演者の皆さんと、演出家の栗山民也さんの下で作り上げていきたいと思っています。とても衝撃的な舞台になると思います。

安田顕のコメント

色々な感情の機微が、剥き出し、あらわになっていき、人間のみせたくない「恥」の部分がみえてくる物語です。同じ北海道出身の大先輩小日向さんをはじめ、共演者の皆さんとは今回始めて舞台でご一緒させていただきます。新しいご縁をいただけたと感謝しております。

小島聖のコメント

皆さん共演が始めてなのでとても楽しみにしています。まだまだ未知数でどのような舞台になるのかわからないことばかりですが、劇場で私たち5人がどのようなバトルを繰り広げるのか、楽しみにしてください。

平埜生成のコメント

栗山さんの作品を観させていただいては、いつも感銘をうけていました。演劇界を支える栗山さんのもとでお芝居ができること、直に演出をつけていただけることが本当に嬉しく、光栄に思っております。逆に怖い気持ちもありますが、精一杯若さをぶつけられたらいいなと思っております。世界で色々なことがおこっている今、日本で日本人が外国の方を演じ宗教について演じ考えることの大切さを大事に演じていきたいです。

イベント情報

『DISGRACED/ディスグレイスト -恥辱-』

作:アヤド・アフタル
訳:小田島恒志、小田島則子
演出:栗山民也
出演:
小日向文世
秋山菜津子
安田顕
小島聖
平埜生成

東京公演
2016年9月10日(土)~9月25日(日)全18公演
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター
料金:S席8,800円 A席7,800円

愛知公演
2016年9月27日(火)全1公演
会場:愛知県 名古屋 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
料金:一般9,000円 U-25チケット4,500円

兵庫公演
2016年9月30日(金)~10月2日(日)
会場:兵庫県 西宮 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
料金:A席8,000円 B席5,000円

『DISGRACED/ディスグレイスト -恥辱-』ビジュアル
『DISGRACED/ディスグレイスト -恥辱-』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年