ニュース

ティルマンス、アイ・ウェイウェイがアートの実践語る『美術手帖』特集

特集記事「コンテンポラリー・アート・プラクティス」が、本日5月17日発売の『美術手帖』6月号に掲載されている。

同特集では「社会と関わるアーティストの実践」をテーマに据え、紛争やテロ、難民問題や環境汚染といった諸問題に対して、アーティストたちがどのような実践を行なっているのかに迫る。

インタビューが掲載されているアーティストは、多数の難民が到着するギリシャ・レスボス島にスタジオを設け、難民問題をテーマにしたドキュメンタリーを制作しているアイ・ウェイウェイ、イギリスのEU離脱に反対するポスタープロジェクトを展開するほか、難民問題などを考える拠点として自身のスペースを開放しているヴォルフガング・ティルマンス、労働環境や搾取、アート界の構造などに踏み込んだ分析を展開するヒト・シュタイエル。

さらにベルリン、パリ、リバプール、ブルックリン、サンパウロ、熊本、香港、バンコクなど世界各地の実践例の解説や、アートと政治を巡るテキストなどを掲載している。

書籍情報

『美術手帖』2016年6月号

2016年5月17日(火)発売
価格:1,728円(税込)
発行:美術出版社

amazonで購入する

『美術手帖』2016年6月号表紙
『美術手帖』2016年6月号表紙
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
『美術手帖』2016年6月号より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー