琳派の世界に初音ミクや手塚キャラ、リラックマが佇むオマージュ展

『ぼくらが琳派を継いでいく展「琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会」』が、5月20日から東京・恵比寿のALで開催される。

俵屋宗達、本阿弥光悦らの作品を源流に、尾形光琳らが発展させた江戸時代の芸術流派である琳派。昨年は琳派400周年を記念した様々な企画が行なわれた。

同展では、昨年京都国際マンガミュージアムで開催された『RIMP-A NIMATION 琳派400周年×「NEWTYPE」30周年 琳派オマージュ展』に出展された作品を中心に展示。豊和堂の絵師が、琳派的手法で手塚治虫作品や初音ミク、リラックマ、『らき☆すた』などのキャラクターを描いた作品に加え、今回の展覧会のために描かれた新作など合計10点が発表される。

なお会期中には、豊和堂絵師によるライブペインティングや、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記と豊和堂アートディレクター・山田晋也によるトークショーも行なわれる。詳細についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『ぼくらが琳派を継いでいく展「琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会」』

2016年5月20日(金)~5月29日(日)
会場:東京都 恵比寿 AL

時間:12:00~19:00
料金:無料

トークショー&レセプション
2016年5月21日(土)18:00~
会場:東京都 恵比寿 AL
出演:
吉田尚記
山田晋也

 

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 琳派の世界に初音ミクや手塚キャラ、リラックマが佇むオマージュ展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて