『ユリイカ』日本語ラップ特集にZeebra、般若、KOHH、せいこうら登場

日本語ラップの特集記事が、本日5月27日発売の『ユリイカ 2016年6月号』に掲載されている。

同特集では、Zeebra、般若、KOHH、いとうせいこうのインタビューを掲載するほか、漢a.k.a.GAMIとANARCHYの対談「“ヒップホップ”の証明 ストリートを超えて」、K Dub Shineと牛田悦正(SEALDs、Tha Bullshit)の対談「系譜の意識 インディペンデント精神と民主主義」を掲載。

サイファーやMCバトルを巡る座談会にはDOTAMA、ACE、CHARLESが参加しているほか、「<最終戦争を前提にした永遠の停戦>と<液状化する世界の境界線上に立つ者共>として」と題された座談会の参加者にはN/K a.k.a.菊地成孔(JAZZ DOMMUNISTERS、dCprG)、OMSB(SIMI LAB)、Moe(Moe and ghosts)が名を連ねている。

さらにサイプレス上野、入江陽、服部昇大、三宅唱、吉田雅史らによるエッセイや漫画、二木信、韻踏み夫らによる論考も掲載されている。

書籍情報

『ユリイカ 2016年6月号』

2016年5月27日(金)発売
価格:1,620円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『ユリイカ』日本語ラップ特集にZeebra、般若、KOHH、せいこうら登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて